【体験談】イオンカードセレクトのメリット・デメリットを徹底解説

aeon-card-selectイオンカード

イオンのクレジットカードは50種類以上ありますが、その中で「イオンカードセレクト」はイオン銀行の普通預金金利の優遇も受けられるおすすめの1枚です。

今回は「イオンカードセレクト」を実際に使っている僕が感じたメリットと公式サイトには載っていないデメリットも含めて解説していきますね。

2021年9月11日利用分からイオンカードで貯まるポイントがときめきポイントからWAONPOINTに変更となりました。

イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトにはイオンでのお買い物が5%OFFになる「お客様感謝デー」など多くの特典があります。

イオンカードセレクトのメリット
  1. 毎月20・30日はイオンでのお買い物で5%OFF
  2. 毎月10日はイオンでポイントが5倍貯まる
  3. イオンシネマでの映画料金が割引
  4. 入会金・年会費が無料
  5. ゴールドカードでも年会費無料
  6. WAONとイオン銀行のキャッシュカードが1枚にできる
  7. イオン銀行の普通預金金利が最大年0.1%に優遇される
  8. クーポンが配信される
  9. カードデザインが選べる

イオンカードセレクトのメリットを詳しくみていきましょう。

メリット①毎月20・30日はイオンのお買い物で5%OFF

毎月20・30日はイオンマークのついたカード・電子マネーWAONでの支払いでイオンでのお買い物が5%OFFになります。(一部対象外商品もあります)

メリット②毎月10日はイオンでポイントが5倍貯まる

毎月10日はイオンでは「ありが10デー」が開催され、イオンカード・WAONでの支払いでWAONPOINTが通常の5倍貯まります。

メリット③イオンシネマで映画チケットが割引

「イオンカードセレクト」でイオンシネマの映画チケットを購入すると、いつでも映画料金が300円OFFになります。同伴者1名まで割引になりますので、2人で行くと600円OFFに。

また、毎月20・30日のお客様感謝デーは、「イオンカードセレクト」を提示すると優待価格1,100円で鑑賞できます。

メリット④入会金・年会費が無料

「イオンカードセレクト」は入会金、年会費とも無料です。

また家族カードやETCカードも年会費無料ですので、イオンよく利用される方にはおすすめです。

メリット⑤ゴールドカードでも年会費無料

ゴールドカードは一般的に年会費が数千円から1万円超えが多い中、「イオンゴールドカード」だと年会費無料で発行できます。ゴールドカードの発行にはイオンカードからのインビテーション(招待状)が必要です。

メリット⑥WAONとイオン銀行のキャッシュカードが1枚にできる

電子マネー「WAON」とイオン銀行のキャッシュカード、そしてクレジットカードが1枚にまとめられるので、財布に入れるカードの枚数が減らせます。

メリット⑦イオン銀行の普通預金金利が最大年0.1%

イオン銀行の預金口座がセットになった「イオンカードセレクト」を申し込むと、普通預金金利が優遇されます。

例えばイオン銀行MYステージで一番上のステージ「プラチナ」になれば、普通預金の適用金利が年0.10%になります。(2021年9月現在)

メリット⑧クーポンが配信される

イオンカードセレクトの利用状況に応じて「サンキューパスポート」というクーポンが配信されます。

「サンキューパスポート」はイオンカード公式アプリ「AEON WALLET」や「イオン銀行ATM」で入手できます。
(利用状況によっては配信されない月もあります。)

AEON WALLET

AEON WALLET
開発元:イオンクレジットサービス株式会社
無料
posted withアプリーチ

誕生月に「バースデーパスポート」が入手できる

誕生月の前月10日までの1年間に1回でもカード利用がある場合は、誕生月に使える「バースデーパスポート」がAEON WALLETなどで入手できます。

こちらは「サンキューパスポート」とは異なり、食料品も対象になります。

メリット⑨カードデザインが選べる

イオンカードセレクトミニオンズデザイン

イオンカードセレクトは通常デザインのほかに次のデザインが選べます。クレジットカードの国際ブランドは指定のブランドに限定されるのでご注意ください。

イオンカードセレクトの選べるデザイン
  • ミッキーマウス・デザイン(JCB)
  • トイ・ストーリー デザイン(JCB)
  • ミニオンズ (MASTER)

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトにはよいところもありますが、デメリットもあります。

イオンカードセレクトのデメリット
  1. WAONPOINTの還元率が低い
  2. 引き落とし口座をイオン銀行のみ

それぞれ見ていきましょう。

デメリット①WAONPOINTの還元率が低い

WAONPOINTはイオンの直営店であれば、200円で2ポイント付与されますが、それ以外での支払いの場合、200円で1ポイントしか付与されません。

また、端数は切り捨てになるのでポイントを損することが多いです。

デメリット②引き落とし口座をイオン銀行のみ

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードとWAONが一体となったカードなので、イオン銀行以外の金融機関を引き落とし口座にできません。

イオン銀行以外の金融機関を引き落とし口座にしたい場合は「イオンカード(WAON一体型)」を選ぶとよいでしょう。

詳細&申込みはこちら!

イオンカードセレクトのメリット・デメリット まとめ

今回はイオンカードセレクトのメリットとデメリットを解説していきました。

「イオンカードセレクト」は初めてクレジットカードを作りたい方、もしくはサブのクレジットカードを作りたい方におすすめですよ!

最後にイオンカードセレクトのメリット、デメリットのおさらいです。

イオンカードセレクトのメリット
  1. 毎月20・30日はイオンでのお買い物で5%OFF
  2. 毎月10日はイオンでポイントが5倍貯まる
  3. 入会金・年会費が無料(ゴールドカードも含む)
  4. WAONとイオン銀行のキャッシュカードが1枚にできる
  5. イオン銀行の普通預金金利が最大年0.1%
  6. クーポンが配信される
  7. カードデザインが選べる
イオンカードセレクトのデメリット
  1. WAONPOINTの還元率が低い
  2. 引き落とし口座をイオン銀行のみ

イオンをよく利用される方で、まだ「イオンカードセレクト」を持っていないようでしたら入会キャンペーンもやってますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

WAON POINT 最大10,000円相当プレゼント

 

イオンカード
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました