【初心者向け】ブログでの画像の役割と準備の仕方

ブログ運営

ブログを書くときに記事の中に「画像」は欠かせないですよね!?

ブログに画像を入れたいけど、探したり、加工したりと、少し難しいという方もいるかもしれません。

当記事では以下の内容をメインに紹介していきます。

  • ブログで使う画像の役割
  • ブログで使う画像の準備するための方法

ブログで画像をいれる際に参考にしてみてくださいね。

★ブログ初心者が登録すべきASPはこの3つ!

スポンサーリンク

ブログで使う画像の役割

ブログに欠かすことのできない画像には大きく3つの役割があります。

ブログでの画像の役割
  1. アイキャッチ画像→サムネイルとして表示される、いわばブログの玄関。
  2. 文章の補足説明→文章だけでは説明しにくい部分を画像でカバー
  3. イメージ画像→文章ばかりだと重い(読みづらい)のでバランスをとるため

一つずつ見ていきますね。

画像の役割①~アイキャッチ画像

当記事のアイキャッチ画像です。

アイキャッチ画像は読者の関心を引き寄せて記事を読んでもらうための画像です。

記事の玄関にあたる部分ですね。

アイキャッチ画像は次の場所に表示されます。

アイキャッチ画像が表示される場所
  1. 記事一覧(トップページ)
  2. ブログカード(内部リンク)
  3. SNSシェア画像(Twitterなど)
  4. 記事のタイトル下

意外と多くの場所で使われますね。

アイキャッチ画像が実際に記事を読むかどうかの判断材料になる場合が多いです。

アイキャッチ画像は写真や画像をそのまま挿入してもいいですが、「Canva」などを使ってひと手間加えることで、オリジナリティーに富むブログになります。

デザイン作成ツール「Canva」

canva

Canva」はオーストラリア発祥のデザインツールですが、日本語にも対応しているので初心者でも安心して使えます。

有料プランもありますが、無料プランでも使えるテンプレートや画像、素材が多いので、簡単にアイキャッチ画像を作るのなら無料プランで十分です。

操作も簡単なので多くのブロガーさんが使っていますよ!

\「Canva」を使ってみる/

画像の役割②~文章の補足説明

文字だけだと文章がどうしても長くなってしまい、伝わりにくいことが多いです。

画像には文字の情報を補う働きがあります。

例えば飲み物でレビューなら、写真を入れることで飲み物の色やマグカップなどに淹れたときの様子が伝わりやすいです。

また、図表やグラフなども必要に応じて挿入することで、文章よりもスムーズに正確に伝わることが多いですので、積極的に取り入れるべきです。

画像の役割③~イメージ画像

ブログを書いているイメージです。

文字ばかりの文章だと読んでいて、疲れることがありますよね。

文章の途中で画像を挿入することで、文章にメリハリがついて、記事を読んでもらう人の減らしてくれるはたらきがあります。

当ブログでは少なくても「H2タグ」ごとに1枚は画像を入れています。

スポンサーリンク

ブログで使う画像の準備の仕方

ブログで使う画像を準備するのに次の方法があります。

  • 自分で写真を撮ったものを載せる
  • 自分で描いたものを載せる
  • フリー素材の写真・イラストを載せる
  • スクリーンショットを使う
  • 有料の画像・イラストを購入する
  • イラストを描いてもらう

僕はなるべく自分で撮った写真がメインで、たまにフリー素材の写真やスクリーンショット(公式サイトに限る)を使わせてもらってます。

なるべくオリジナル画像を使用

自分で撮った写真の例

僕がなぜ自分で撮った写真をメインにしている理由は、他のブログとの差別化が図れるからです!

自分でイラストを書けるのが理想ですが、僕みたいに絵心がない方は自分で撮った写真を入れることをおすすめします。

写真はiPhoneなどスマホで簡単に高画質の写真が撮れるので、手軽に準備できます。

スマホで写真を撮影する際にはできるだけ多くの写真を撮影することをおすすめします。記事に載せられる写真が少ないと悩むことが少ないですよ。

写真はサイズ縮小・圧縮が必要

撮影した写真はサイズ縮小・圧縮をしてからブログに載せています。画像のサイズ縮小・圧縮することでページの表示速度が向上します。

詳しくは「ブログに載せる画像サイズを圧縮・縮小する方法」で紹介していますので、あわせてお読みください。

\パソコンで簡単にできます!/

フリー素材サイトを利用

pixabay

自分で撮影した写真やイラストソフトなどで作成したイラストだとオリジナリティーが出てよいのですが、手間がかかりますよね!?

そんな時に使えるのが「フリー画像サイト」です。

ここでは有名どころを3つほど挙げます。

フリー素材サイト
  • Pixabay1,700万点以上の画像・動画素材とコンテンツ量が豊富
  • 写真AC国産のフリー画像サイトなので、日本人にもなじみやすいものが多い
  • ぱくたそ独自テーマ・時事ネタの写真コンテンツが充実している

画像にこだわるなら有料画像サイトもおすすめ

フリー素材だと他のかぶるがイヤな場合は「PIXTA(ピクスタ)」など有料画像サイトを利用してみるとよいでしょう。

無料のフリー素材よりも種類・数が豊富なので、載せたい(載せるべき)写真がないことも少ないでしょう。

画像を十分活用してよりよいブログを作成しよう

今回は簡単にですが、画像の重要性と役割について取り上げました。

必要に応じて画像を加えることでブログがより読みやすいものになるので、積極的に画像を入れていきましょう。

★ブログ初心者が登録すべきASPはこの3つ!

詳しくはこちらの記事

タイトルとURLをコピーしました