【書評・感想】『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』

ブログ運営

ブログをやられている方は多かれ少なかれ、ブログ運営に関する本を読んでいるのではないでしょうか。

僕もブログを始めるにあたり、ブログ運営の本を何冊か読みました。

その中でブログだけでなく、YouTubeも気になる方向けの『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』を紹介します。

『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』 著者 染谷昌利、木村博史

世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』はブログとYouTubeの両方を活用していく方法が書かれた入門書です。

本の構成として、まず「ブログのはじめ方」と「ブログにおける広告収入の流れ」、「YouTubeの活用法」について初心者でもわかりやすく書かれています。

それをふまえて実際に「ブログの書き方」や「YouTubeでの動画の作成方法」について実践的な内容も書かれています。

著者 染谷昌利(そめや まさとし)さん

1975年生まれ。株式会社MASH代表取締役
2009年にインターネット集客や収益化の専門家として独立。現在はブログ運営、書籍の執筆、プロデュース、企業や地方自治体のアドバイザー、講演活動など多岐にわたり活躍。
主な著書として『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』、『世界一やさしいブログの教科書1年生』などがある。

>>染谷昌利さんのブログ

著者 木村博史(きむら ひろふみ)さん

1971年生まれ。インプリメント株式会社 取締役社長、クリエイティブディレクター、日本ペンクラブ会員。
マーケティングツール、映像制作、テレビ番組制作だけでなく企業での動画運用のコンサルティング、講演、雑誌寄稿など幅広く行なっている。
主な著書として『人を動かす言葉の仕組み』、『YouTube成功の実践法則53』などがある。

>>木村博史さんのブログ

『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』を読んだ感想

『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』はブログとYouTubeの相互利用について書いてありますが、僕はブログの部分を中心に読みました。

僕は「サーバーの契約」や「WordPressの初期設定」などブログの初期設定を『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』を見ながらやりました。

実際の画面を交えての説明だったので、スムーズにブログを立ち上げられました。

また、実際のブログのテーマや書き方については、実際に作者の染谷さんのブログを例にして、細かく説明している点もよかったです。

ただ、これはYouTubeとブログの両方を扱っているので仕方がないですが、アフィリエイトやアドセンスに関する内容は少なめでした。

YouTubeについて

YouTubeは実際に取り組んでいないので、YouTubeについて書かれた章は細かいところまでは読んでいません。
一通り読んで思ったことは、動画の撮影に必要な機材のことや撮影のテクニックまで、まだYouTubeを取り組んでなくてもわかりやすかったです。

ブログを見ていると、YouTubeを取り入れているところはまだ少ないようなので、できればブログの記事の中にYouTube動画をいきたいです。

『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』はブログ・YouTubeを両方やる方におすすめな入門書

世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生』はブログ・YouTubeの基礎から応用まで幅広く書いてある本です。

ブログもYouTube両方やってみたい人におすすめな1冊です!

これからブログ・YouTubeを始められる方、もう一度やり直したい方は『世界一やさしいブログ×YouTubeの教科書1年生 』 を読んでみてはいかがでしょうか。

ブログ運営に役立つ記事

ブログ作成におすすめなノートパソコン

人気ブロガー養成講座

ブログ運営
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました