カラフルボックス(サーバー)のメリット・デメリットまとめ

カラフルボックスのメリット・デメリットブログ運営

カラフルボックスは2018年に比較的新しいレンタルサーバーですが、WordPressブログ初心者でも安心して使える機能が備わっています。

カラフルボックスでWordPressを始めるにあたりメリットはもちろん、デメリットも知りたいですよね!?

当記事では「カラフルボックス」を実際に使って感じたメリット・デメリットをまとめてみました。サーバー選びの参考にしてみてくださいね。



「カラフルボックス」サーバーのメリット 8個

レンタルサーバー カラフルボックス

レンタルサーバー 「カラフルボックス(Colorful Box)」のメリットは次の8点です。

カラフルボックスのメリット
  1. サーバーの高速化に力をいれている
  2. 世界シェアトップのCpanelを採用
  3. 過去14日分地域別自動バックアップが無料
  4. 「Imunify360」などセキュリティー対策が万全
  5. 何個でもサイトが作れる
  6. 3か月以上の利用で初期費用が無料
  7. プラン変更が柔軟にできる
  8. 30日間の無料お試し期間がある

メリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①サーバーの高速化に力を入れている

カラフルボックス」 は高速Webサーバー「LiteSpeed」、ディスクは「SSD」を採用するなど、高速化に力を入れています。

次世代高速サーバー LiteSpeed

「LiteSpeed」は 多くサーバーで利用されている「Apache」と完全な上位互換を実現しながらも、処理速度が向上した次世代高速サーバーです。

ディスクはSSD

カラフルボックスでは全プラン保存ディスクがSSD搭載です。SSD搭載のレンタルサーバーを選ぶことで、サイトの表示速度が速くなります。

HTTP/3高速通信に対応

HTTPプロトコルの新規格「HTTP/3」にも対応しています。現在主流の「HTTP/2」よりも速いです。

メリット②世界シェアトップのcPanelを採用

カラフルボックスでは世界で一番よく使われているコントロールパネル 「cPanel」が採用されています。 「cPanel」はアイコンをクリックしての操作なので直感的に使えます。

また、WordPressのインストールからデータブックまで、Webサイト・ブログ運営に必要な機能が備わっています。

詳しくはカラフルボックス
ホームページで。

メリット③過去14日分の「地域別」バックアップが無料

地域別自動バックアップ機能

サーバーの速度が速くて値段が安いのはいいけど、データのバックアップ体制が気になりますよね!?

カラフルボックスでは過去14日分のファイル・データベースの自動バックアップとデータ復元が無料です。万が一設定を誤って消えた場合などでも安心ですね。

データ保存先は東京と大阪の2か所

「東日本(東京)リージョン」の場合

カラフルボックスのサーバーデータは東京と大阪の2ヶ所で保存されます。データ保存先とバックアップ先が別拠点で設定されています。

別拠点でデータ保存されることで、万が一災害や事故などで片方のデータセンターが停止してもデータ保護・サイト運営の継続が可能です。

サーバー契約時にデータ保存先が選べる

サーバー契約時に「東日本リージョン(東京)」と「西日本リージョン(大阪)」のいずれか選べます。訪問者の多いであろう地域を選ぶとよいでしょう。

バックアップからのデータ復元も無料

バックアップしたデータは無料でデータ復旧できます。データ復旧が有料のところが多い中、無料できるので安心して思いきったことができます。

データの復元も管理画面からマウス操作で簡単にできますので、WordPressに慣れていない方でも安心して作業できます。

(以前、実際にファイルが消えてしまったことがありますが、データの復元もそれほど難しくなく、30分ほどで復旧できました。)

メリット④「Imunify360」などセキュリティー対策が万全

次世代セキュリティソリューション「Imunify360」を導入されています。「Imunify360」は、過去に検知されたマルウェアだけではなく、未知のマルウェアにも対抗しているのが特徴です。

また、カラフルボックスではサイトの安全な通信にかかせないSSL(世界シェアNo.1のCOMODO社のもの)を無料で利用できます。

この他「WAF / IPS / IDS」にも対応しているので、カラフルボックスはセキュリティー対策が備わっているレンタルサーバーといえます。

用語
  • WAF・・・Web Application Firewallの略で、Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃を防ぐ
  • IPS・・・Intrusion Prevention Systemのことで、不正侵入防止システムとも呼ばれる
  • IDS・・・Intrusion Detection Systemの略称で、不正侵入検知システムとも呼ばれる

メリット⑤何個でもサイトが作れる

カラフルボックスではドメインを何個でも無制限に登録でき、WordPressを何個でも作成できます。

一つのサーバーで多くのサイトが運営できるので、複数サイトを立ち上げて伸びてきたサイトを育てるという方法もとれます。

サイトがいくつでも作れる!

メリット⑥3か月以上の利用で初期費用が無料

カラフルボックスでは3か月以上の契約で初期費用が無料になります。(1か月契約の場合、初期費用2,200円が必要)

他のレンタルサーバーでは初期費用がかかる場合もありますが、カラフルボックスは月額料金のみで利用でき、WordPressサイト・ブログを始めやすいです。

料金プランの詳細(カラフルボックスホームページ)

メリット⑦プラン変更が柔軟にできる

カラフルボックスはいつでもプラン間の上下移動が可能です。

例えば最初に最安プラン「BOX1」で運営していたけど、アクセス数が伸びてきたので「BOX2」へのアップグレードしたい場合でも、カラフルボックスのマイページから簡単に変更できます。(差額分が別途かかります。)

逆にプランをダウングレードした場合、差額分は契約者の残高に返金されます。返金された残高はサーバーの更新料金やドメイン取得・更新に充てることができます。(現金では返金されません。)

いつでもプラン変更が可能!

メリット⑧30日間の無料お試し期間がある

多くのレンタルサーバーがお試し期間が10日間が多い中、 カラフルボックスは30日間のお試し期間があります。しかも「BOX1」から「BOX8」の全プランから選んで試せます。

また途中で本契約に移行してもお試し期間が減ることはありません。カラフルボックスを試してみて、使い続けようと思ったら、早めに本契約への移行をおすすめします。

「カラフルボックス」サーバーのデメリット 2個

「カラフルボックス (Colorful Box)」は低価格なのに高性能なレンタルサーバーですが、デメリットを挙げるとすれば次の2点です。

カラフルボックスのデメリット
  1. サポートが手薄 (休日・夜間は対応していない)
  2. 運営実績が短い

デメリット①サポートが手薄(休日・夜間は対応していない)

上位クラス(BOX7・BOX8)ならば電話サポートもありますが、それ以外の場合は、チャットでのサポートになります。

チャットサポートも平日9:30~17:30なので、休日・夜間のサポートに対応していません。サーバーの値段が安いので仕方がないですが、休日・夜間に問い合わせができないのはデメリットです。

それでもマニュアルやよくある質問の内容は充実していますので、そこまで戸惑わないはずです。

もし電話サポートや休日・夜間のサポートを受けたいなら、「ロリポップ!」や「エックスサーバー」など他のサーバーを選んだほうがいいかもしれません。

デメリット②運営実績が短い

カラフルボックスは2018年7月にスタートしたサーバーで他のサーバーに比べ運営実績があまり長くありません。

運営開始してから3年が経ちますが、特に問題ないですし、データのバックアップ体制も充実しているので、特に問題ないでしょう。

カラフルボックス 新年得々スタートキャンペーン

カラフルボックス

カラフルボックスでは2021年12月16日〜2022年1月31日の間、クーポンコードを入力することで、サーバー料金が30%OFF&Amazonギフト券2,000円分プレゼントの2大特典が適用となります。(BOX2~BOX8プランが対象です)

カラフルボックスクーポンコード

プロモーションコード:SV30Y80QJBZ09T

 注意事項

・他のプロモーションコード(クーポンコード)との併用はできません。
・次回更新以降は通常料金となります。
・更新やプラン変更等、既に契約済のサービスにはご利用できません。
・サーバーアカウント毎に1回限り有効です。
・アダルト対応サーバーもキャンペーン対象となります。
・規定在庫がなくなり次第、クーポン提供を終了させていただく場合があります。

キャンペーン実施中!

カラフルボックスのメリット・デメリットまとめ

レンタルサーバーカラフルボックス

今回はレンタルサーバー「カラフルボックス」のメリット・デメリットを紹介しました。

最後にメリット・デメリットをそれぞれおさらいしましょう。

カラフルボックスのメリット
  1. サーバーの高速化に力を入れている
  2. 世界シェアトップのCpanelを採用
  3. 過去14日分地域別自動データバックアップが無料
  4. 「Imunify360」などセキュリティー対策が万全
  5. 何個でもサイトが作れる
  6. 3か月以上の利用で初期費用が無料
  7. プラン変更が柔軟にできる
  8. 30日間の無料お試し期間がある
カラフルボックスのデメリット
  1. サポートが手薄(休日・夜間は対応していない)
  2. 運営実績が少ない

サポートが少し手薄で、運営実績が短いというデメリットはありますが、サーバーの高速化に力を入れていて、安くて使い勝手のよいサーバーです。

これからブログを始める方、コスパのよいレンタルサーバーを変えたい方はぜひ「カラフルボックス」を試してみてはいかがでしょうか。

お試し&申込みはこちら!

ブログ運営関連記事

アフィリエイト初心者向けおすすめASP

ブログ運営にかかる費用

ブログ運営
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました