カラフルボックスのメリット・デメリットを解説【割引クーポンあり】

カラフルボックスのメリット・デメリットブログ運営

サイト高速化の機能が豊富で、しかも低価格で始められるレンタルサーバー 「カラフルボックス」 。

無料体験期間も30日間と他のレンタルサーバーに比べて長めなので、じっくりと試せます。

今回は実際に使って感じたカラフルボックスのメリット・デメリットを紹介します。

レンタルサーバー選びの参考にしてみてくださいね。

◎カラフルボックスの無料体験の方法は以下の記事「カラフルボックスに無料体験する方法」を読んでください。

カラフルボックスのメリット 7個

レンタルサーバー カラフルボックス

レンタルサーバー カラフルボックス(Colorful Box)のメリットは次の6点です。

カラフルボックスのメリット
  1. サーバーの高速化に力をいれている
  2. 過去14日分のバックアップが無料
  3. 世界シェアトップのCpanelを採用
  4. 地域別自動バックアップ(無料搭載)
  5. 30日間の無料お試し期間がある
  6. 初期費用が無料で、月々の費用が安い
  7. プラン変更が柔軟にできる

メリットをそれぞれ見ていきます。

メリット①サーバーの高速化に力を入れている

カラフルボックス」 は高速Webサーバー「LiteSpeed」、全プランディスクは「SSD」など高速化に力を入れています。

次世代高速サーバー LiteSpeed

「LiteSpeed」は 多くサーバーで利用されている「Apache」と完全な上位互換を実現しながらも、処理速度が向上した次世代高速サーバーです。

ディスクはSSD

カラフルボックスでは全プラン保存ディスクがSSD搭載のものを使用できます。

SSD搭載のレンタルサーバーを選ぶことで、サイトの表示速度が速くなります。

メリット②過去14日分のバックアップが無料

過去14日分のファイル・データベースの自動バックアップとデータ復元が無料なので、万が一設定を誤って消えた場合などでも安心です。

データの復元もマウス操作で簡単にできますので、WordPressに慣れていない方でも安心して作業できます。

(実際にファイルが消えてしまい、復元まで30分ほどでしかも簡単にできました。消えてしまったときはマジであせりました。。)

\データバックアップも復元も無料/

メリット③世界シェアトップのcPanelを採用

カラフルボックスでは様々な機能追加も簡単にできるコントロールパネル 「cPanel」を採用されています。

詳しくはこちら

メリット④地域別自動バックアップができる

地域別自動バックアップ機能

カラフルボックスではサーバー契約時に「東日本リージョン(東京)」と「西日本リージョン(大阪)」の2か所からリージョンが選べます。

サーバーでいう「リージョン」は、データセンターのある場所と思っていただくとよいでしょう。

僕の場合、東京に近いエリアの方のアクセスが多いので、「東日本リージョン(東京)」を選びましたが、基本的にはお住まいの地域に近いエリアを選ぶとよいでしょう。

「データ保存先」と「バックアップ先」が別拠点

カラフルボックスは「データ保存先」と「バックアップ先」を分けています。

例えば「東日本(東京)リージョン」の場合、データ保存先は東京、バックアップ先は大阪と別拠点のデータセンターとなっています。離れた2か所でデータを保管することで災害などのリスクに備えられます

\データ保存先は東京と大阪の2か所/

メリット⑤30日間の無料お試し期間がある

多くのレンタルサーバーがお試し期間が10日間が多い中、 カラフルボックスは30日間のお試し期間があります。しかも「BOX1」から「BOX8」のすべてのプランから選んで試せます。

また途中で本契約をしてもお試し期間が減ることはありません

メリット⑥初期費用が無料で月々の費用が安い

多くのレンタルサーバーは月々の使用料の他に初期費用が別にかかる場合が多いですが、カラフルボックスは、3か月以上利用すれば初期費用が無料になります。

1か月契約の場合、初期費用2,200円かかりますので、まずは最安プラン「BOX1」で3か月以上の契約をおすすめします。

料金プランの詳細(カラフルボックスホームページ)

メリット⑦プラン変更が柔軟にできる

カラフルボックスはマイページからプラン変更ができます。

始めのうちは「BOX1」でPV数が増えたら上位プランへ移行も手軽にできます。

逆に「BOX2」から「BOX1」へ下位プランへ移行も可能です。

\いつでもプラン変更が可能/

カラフルボックスのデメリット 2個

カラフルボックス (Colorful Box) のデメリットは次の2点です。

カラフルボックスのデメリット
  1. サポートが手薄 (休日・夜間は対応していない)
  2. 運営実績が少ない

デメリット①サポートが手薄(休日・夜間は対応していない)

上位クラス(BOX7・BOX8)ならば電話サポートもありますが、それ以外の場合は、チャットでのサポートになります。

チャットサポートも平日9:30~17:30なので、休日・夜間のサポートに対応していません。サーバーの値段が安いので仕方がないですが、休日・夜間に問い合わせができないのはデメリットです。

それでもマニュアルやよくある質問の内容は充実していますので、そこまで戸惑わないはずです。

もし電話サポートや休日・夜間のサポートを受けたいなら、「ロリポップ!」や「エックスサーバー」など他のサーバーを選んだほうがいいかもしれません。

デメリット②運営実績が少ない

「カラフルボックスは2018年7月にスタートしたサーバーで、まだ運営実績が2021年3月時点で2年8か月とあまり長くありません。

運営開始してから2年以上が経ちますが、特に問題ないですし、データのバックアップ体制も充実しているので、特に問題ないでしょう。

【期間限定】カラフルボックスのサーバー料金がプロモーションコード入力で30%OFF

レンタルサーバー カラフルボックス

カラフルボックスでは4月1日から4月30日までの間、スプリングキャンペーンを実施しています。キャンペーン期間中はサーバーの初年度料金が30%OFFになります!

無料トライアルから本契約への移行時に以下のプロモーションコード(クーポンコード)を申し込むフォームに入力すると割引が受けられます。

プロモーションコード

プロモーションコード:SV30A2404VDXTS 

キャンペーン期間:2021年4月1日(木)~4月30日(金)17:00まで

【利用条件】

  • サーバーの無料トライアルから有料にアップグレードの場合。
  • 12ヶ月以上の有料契約の場合。
    ※「1ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」の有料契約は対象外です。

【 注意事項 】

  • 他のプロモーションコード(クーポンコード)との併用はできません。
  • 次回更新以降は通常料金となります。
  • 更新やプラン変更等、既に契約済のサービスにはご利用できません。
  • サーバーアカウント毎に1回限り有効です。
  • アダルト対応サーバーもキャンペーン対象となります。

まずは無料お試しから

レンタルサーバー カラフルボックスのまとめ

今回は 「カラフルボックス」のメリット・デメリットを紹介しました。

最後におさらいしましょう。

カラフルボックスのメリット
  1. サーバーの高速化に力を入れている
  2. 過去14日分のデータバックアップが無料
  3. 世界シェアトップのCpanelを採用
  4. 地域別自動バックアップ(無料搭載)
  5. 30日間の無料お試し期間がある
  6. 初期費用が無料で、月々の費用が安い
  7. プラン変更が柔軟にできる
カラフルボックスのデメリット
  1. サポートが手薄(休日・夜間は対応していない)
  2. 運営実績が少ない

サポートが少し手薄で、2018年7月に開始したばかりのサーバーというデメリットはありますが、サーバーの高速化に力を入れていて、安くて使い勝手のよいサーバーです。

これからブログを始める方、レンタルサーバーを変えたい方は「カラフルボックス」を試してみてはいかがでしょうか。



まずは無料トライアルから
ブログ運営
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました