2021年版DAZNでプロ野球観戦するメリット・デメリット【無料で1ヶ月試せる】

野球観戦

プロ野球の地上波放送が少なくなった今日、有料動画配信サービスで観戦される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プロ野球が見られる動画配信サービスは数多くありますが、リーズナブルな価格で多くの試合を見られる「DAZN(ダゾーン)」がおすすめです。

とは言え、見られる試合や料金プランなど気になりますよね⁉

当記事では主に次の内容を紹介します。

  • DAZNで見られるスポーツ・試合
  • DAZNの料金プラン
  • DAZNでプロ野球観戦するメリット
  • DAZNでプロ野球観戦するデメリット
  • DAZNの無料視聴方法

DAZNでのプロ野球観戦に参考にしてくださいね。

\プロ野球を見るなら「DAZN」!/

※お試し期間中に解約すれば料金はかかりません。

DAZN(ダゾーン)はプロ野球など130以上のスポーツを配信

DAZN(ダゾーン)はスポーツ専門の有料動画配信サービスで、パソコンやスマホ、テレビなどでいつでもどこでも見られます。

プロ野球はもちろんJリーグ、Bリーグ、Vリーグ、海外サッカーなど130以上スポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題です。

プロ野球以外にDAZNで見られるスポーツ
  • Bリーグ(バスケ)
  • Vリーグ(バレーボール)
  • Jリーグ(サッカー)
  • プレミアリーグ(海外サッカー)
  • F1(モータースポーツ)など

野球以外にも他のスポーツも楽しみたい方に「DAZN(ダゾーン)」が特におすすめです。

\年間10,000試合以上楽しめる!/

お試し期間中に解約すれば料金はかかりません。

DAZNはシンプルな料金プラン

DAZNの料金プラン

DAZNの料金プランは月額1,925円(税込)の定額制とシンプルな料金プランです。
配信されているコンテンツはすべて見放題です。入会金・年会費も一切かかりません

更に1年分一括払いの「年間プラン」なら、年間19,250円(税込)と月額実質1,604円で見られおトクです。

DAZNは最初の1カ月無料でプロ野球が見られる

初めてDAZNを利用する場合、誰でも最初の1カ月無料でプロ野球をはじめとする全コンテンツが試せます。

実際にDAZNでのプロ野球観戦に満足いかなければ、無料期間中に解約すれば一切費用はかかりません

DAZNの無料体験方法

無料期間が1カ月と長いので、いろいろと試せます。
契約を継続するかどうか判断しやすいですね。

\無料お試し期間は長めの1カ月間/

お試し期間中に解約すれば料金はかかりません。

DAZNでプロ野球視聴するデメリット(4点)

プロ野球を見る場合のDAZN のデメリット

プロ野球を「DAZN」で視聴するデメリットを4つ紹介していきます。

DAZNでプロ野球視聴するデメリット
  • 広島主催の試合が見られない
  • 録画機能がない
  • 2軍戦は配信されない
  • オールスター・日本シリーズは配信されない

それぞれ詳しく見ていきますね。

デメリット①広島主催の試合が見られない

広島カープ主催試合はDAZNでの配信はありません。東京ドームでの巨人vs広島戦など、広島カープがビジターの試合、計71試合は配信されます。

広島カープ主催試合はJSPORTSで

広島カープ主催試合はスカパーなどで見られる「JSPORTS1」もしくは動画配信サービス「JSPORTS オンデマンド」で見られます。
「JSPORTSオンデマンド」では広島カープの主催試合以外にも、中日・DeNAの主催試合のLIVE中継、社会人野球の試合も視聴できます。

JSPORTS オンデマンドの料金は月額1,980円(税込)です。さらに25歳以下の方なら、U25割で月額990円(税込)と半額で見られます。

\広島主催試合が見られる/

■25歳以下なら月額990円(税込)

デメリット②録画機能・ダウンロード機能がない

DAZNには録画機能やダウンロード機能はありません。
その代わり、最大30日間「見逃し配信」が視聴できます。「見逃し配信」は後々紹介します。

デメリット③プロ野球2軍戦は配信されていない

DAZNではプロ野球1軍公式戦は広島カープ主催試合以外ほぼ全試合を見られますが、2軍戦は配信されていません

2軍も含めて欠かさずチェックしている方は、パ・リーグなら「パーソル パ・リーグTV」がおすすめです。1軍戦も2軍戦も試合開始から試合終了まで楽しめます。

「パーソル パ・リーグTV」なら、2012年以降に行われたオープン戦、交流戦(一部の試合)、クライマックスシリーズを含めた過去の試合も楽しめます。

詳しくはこちらの記事

デメリット④オールスター・日本シリーズは配信されない

DAZNでは7月に行われるオールスターと10月もしくは11月に行われる日本シリーズは配信されません。

しかしながら、オールスターと日本シリーズは地上波でも放送されますので、特に気にされることはありません。

DAZNでプロ野球視聴するメリット(5点)

プロ野球を見る場合のDAZNのメリット

つづいて「DAZN」でのプロ野球視聴するメリットを5つ紹介していきます。

DAZNでプロ野球視聴するメリット
  • プロ野球1軍戦がほぼ全試合見られる
  • オープン戦もライブ配信で見られる
  • 見逃し配信がある(最大30日間)
  • 1つのアカウントで6デバイスに登録可能
  • 2デバイス同時視聴が可能

それぞれ詳しくみていきますね。

メリット①プロ野球1軍戦がほぼ全試合見られる

DAZNはセ・リーグの試合もパ・リーグの試合も見られるのが特長です。

セ・リーグの動画配信サービスはホームゲーム見られるけど、他球団主催のビジターゲームだと見られないことが多いですが、DAZNなら広島以外の11球団主催試合はすべて見られます。

\プロ野球のほぼ全試合見られる/

お試し期間中に解約すれば料金はかかりません。

メリット②オープン戦もライブ配信で見られる

レギュラーシーズン前の調整試合として行われる「オープン戦」。

2021年シーズンのオープン戦・練習試合もDAZNでライブ配信されました。

オープン戦ではチームの仕上がり具合をはじめ、若手選手の成長具合などが見られます。

メリット③見逃し配信がある

DAZNには「見逃し配信」があります。

見逃し配信には「フルタイム配信」と「ハイライト」があります。

フルタイム配信
  • 試合終了後、試合開始から終了までフルで視聴可能
  • プロ野球の場合、視聴期限は1週間
  • 試合中であれば追っかけ再生が可能
    (試合開始直後から可能)
ハイライト
  • 盛り上がった部分や得点シーンなどをピックアップした動画
  • プロ野球の場合、視聴期限は30日間
  • 当日の夜から翌朝にかけてアップされる

見逃し配信期間は競技や試合によって異なりますが、追加料金はかかりませんので安心して視聴できます。

メリット④1アカウントで6デバイスまで登録可能

1契約で6デバイスまで登録が可能ですので、1人でパソコン・スマホ・タブレットに登録するのもいいですし、家族でシェアもできますね。

パソコンやスマホ、タブレット、テレビなど多くのデバイスに対応しています。

DAZN対応デバイス
  • パソコン(Windows・Mac)
  • スマートフォン(Android・iPhone)
  • タブレット(Android・iPad・Amazon Fire)
  • テレビ(LG・Panasonic・SONY・TOSHIBAの対応テレビ)
  • テレビ周辺機器(Air Stick・ Amazon Fire TV・ Amazon Fire TV Stick・Apple TV・ Google Chromecast・ ひかりTV・ドコモテレビターミナル)
  • Android TV
  • PS4(Pro)・PS5
  • Xbox One S・ Xbox One X)

スマホやタブレットなどで、外出先でもDAZNが楽しめますね。

\外出先でも楽しめる!/

お試し期間中に解約すれば料金はかかりません。

DAZNのメリット⑤2デバイス同時視聴が可能

1アカウントで2デバイス同時視聴ができます
例えばパソコンでジャイアンツ戦を、スマホでベイスターズ戦をという感じでプロ野球を2試合同時に視聴することも可能です。

DAZN無料体験の登録方法

DAZN無料体験の登録方法

DAZNでプロ野球を1ヶ月無料体験するための登録方法は次の通りです。

DAZN 無料体験の登録方法
  1. DAZNにアクセス
  2. 「1か月無料体験を始める」をクリック
  3. 支払い方法を選ぶ
  4. アカウントを作成
  5. お支払い情報を登録

DAZNホームページの画面に沿って、順番に説明します。

1.DAZNにアクセス

まず、 DAZN(ダゾーン)のサイトにアクセスします。

>>DAZNホームページ

2.「1カ月無料体験を始める」をクリック

DAZNの無料体験申込画面
画像引用:DAZNホームページ

DAZNのホームページに入ったら、「1カ月の無料体験を始める」をクリックします。

3.支払い方法を選ぶ

DAZN支払い方法選択画面
画像引用:DAZNホームページ

支払い方法を選びます。

ここでは「クレジット/デビットカード・PAYPAL」または「キャリア決済」をいずれかを選びます。

4アカウントを作成

DAZNアカウント作成画面
画像引用:DAZNホームページ

アカウント作成のため、氏名、メールアドレスなどの個人情報を入力します。

5.お支払い情報を登録

クレジットカード番号などを入力します。

申し込みの際にクレジットカードなどの支払い方法の登録が必要ですが、 無料トライアル期間中に解約すれば費用は一切かかりません

DAZNでプロ野球観戦するメリット・デメリットまとめ

DAZNでプロ野球観戦するメリット・デメリットまとめ

今回は「DAZN(ダゾーン)」でプロ野球観戦するメリット・デメリットをメインに解説しました。

DAZNならば広島カープ以外の11球団の主催試合が楽しめますので他の動画配信サービスに比べコスパが良いです。

プロ野球以外にもサッカーやバスケなどの多くのスポーツのライブ配信が行われているので、スポーツ全般好きな方に特におすすめです。

「DAZN」でプロ野球をはじめ、様々なスポーツコンテンツを楽しんでいきましょう!

\無料お試し期間は長めの1カ月間/

お試し期間中に解約すれば料金はかかりません。

野球観戦
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました