2022年版ぐんまワンデーパスの買い方・使い方

ぐんまワンデーパスおトクなきっぷ

2022年4月~9月の半年間、群馬県内のJR線と私鉄が乗り放題となる「ぐんまワンデーパス」が発売されます。

「ぐんまワンデーパス」は2021年度まで発売されていた「ぐんまワンデー世界遺産パス」の設定エリアにJRバスの「横川~軽井沢」の区間が加わります。
また、JR東日本のレンタカーで使える「駅レンタカー利用補助券」がついてきます。

当記事では「ぐんまワンデーパス」の買い方・使い方を解説します。

ぐんまワンデーパスとは

「ぐんまワンデーパス」は群馬県内のJR線・私鉄の多くの路線とJRバスの「長野原草津口~草津温泉」、「横川~軽井沢」間が1日乗り放題のきっぷです。

世界遺産の富岡製糸場をはじめ、草津温泉、軽井沢、日本一のモグラ駅「土合駅」など行ける範囲が広いのが特長です。

ぐんまワンデーパスで乗れる路線(2022年版)

ぐんまワンデーパスで乗車できるのは次の路線です。2022年から新たに碓氷峠を通る横川~軽井沢間のJRバスもフリーエリアに追加されました。

JR線(在来線)
  • 高崎線
    深谷~高崎
  • 八高線
    群馬藤岡~倉賀野
  • 信越本線
    高崎~横川
  • 上越線
    高崎~土合
  • 両毛線
    新前橋~小山(全線)
  • 吾妻線
    渋川~大前(全線)

JR在来線のフリーエリアは群馬県全域に加え、両毛線は栃木県の小山駅、高崎線は埼玉県の深谷駅までとかなり広いエリアです。

JR(新幹線)
  • 上越新幹線
    高崎~上毛高原
  • 北陸新幹線
    高崎~安中榛名

新幹線は上越新幹線、北陸新幹線ともに1区間で、別に特急料金もかかるのであまり使い勝手がよくありません。

ジェイアールバス関東
  • JRバス関東
    長野原草津口〜草津温泉バスターミナル
  • JRバス関東
    横川〜軽井沢

バスを使って草津温泉や軽井沢に行けます。

JR線以外にも、東武線、上信電鉄など群馬県内を走る私鉄合計4社に乗車できます。

群馬県内の私鉄
  • 東武伊勢崎線
    川俣~伊勢崎
  • 東武小泉線
    館林~太田、東小泉~西小泉(全線)
  • 東武桐生線
    太田~赤城(全線)
  • 上信電鉄
    高崎~下仁田(全線)
  • 上毛電気鉄道
    中央前橋~西桐生(前線)
  • わたらせ渓谷鐵道
    桐生~沢入

富岡製糸場へのアクセス路線の上信電鉄をはじめ、上毛電気鉄道、群馬県内の東武線が1日乗り放題です。

わたらせ渓谷鐵道は途中の沢入駅までが対象で、栃木県内の足尾駅などはエリア外です。

2022年ぐんまワンデーパス 発売期間・利用期間

2022年度の発売期間・利用期間は2022年4月~9月の半年間です。期間中なら平日・休日問わず使えます。

  • 発売期間
    2022年3月22日~2022年9月30日
  • 利用期間
    2022年4月1日~2022年9月30日

ぐんまワンデーパスで乗車できる列車

ぐんまワンデーパス1枚で、フリーエリア内の普通・快速列車が1日乗り放題です。

新幹線・JRの特急列車やSL・リゾートやまどりも別に特急券を購入すれば乗車できます。ただし、わたらせ渓谷鐡道のトロッコ列車に乗る場合、別に乗車券・特急券が必要です。

駅レンタカー利用補助券

「ぐんまワンデーパス」を1枚ごとにJR東日本レンタリース指定の営業所で、駅レンタカーSクラスが 2,000円引きでご利用できる「駅レンタカー利用補助券」1枚もらえます。

レンタカーの料金
  • 駅レンタカーSクラス
    (6・12時間まで)
    5,500円→3,500円
  • 駅レンタカーSクラス
    (24時間まで)
    7,150円→5,150円

「駅レンタカー利用補助券」が使えるのは「ぐんまワンデーパス」の利用日前日・当日・翌日です。

「駅レンタカー補助券」は利用日前日・翌日も使えるので、初日は列車で、2日目はレンタカーを使って(逆も可能)、1泊2日で群馬を観光するのもいいかもしれません。

ホテルや温泉宿を予約する際は、じゃらんnetなどのホテル予約サイトを使うと便利です。

☆草津周辺のホテルを探す
初夏SALE開催中!
県内旅行応援キャンペーン開催中!
各種クーポン配布中!

ぐんまワンデーパスの買い方・値段

指定席券売機

「ぐんまワンデーパス」はJR東日本のフリーエリア内の駅にある指定席券売機などで購入できます。

ぐんまワンデーパスの発売箇所
  • 指定席券売機
  • みどりの窓口
  • 主な旅行会社

※軽井沢駅、草津温泉バスターミナル、東武鉄道・上信電鉄など各私鉄の各駅では購入できません。

値段

大人2,670円、小児1,330円

フリーエリア外からぐんまワンデーパスを使う場合

「ぐんまワンデー世界遺産パス」はフリーエリア内のみの販売で、フリーエリア外から利用する場合は、一度フリーエリア内の駅で下車する必要があります。

  • 高崎線(東京・熊谷方面)から
    深谷駅で購入
  • 宇都宮線(大宮・宇都宮方面)から
    小山駅で購入
  • 上越新幹線(東京・大宮方面)から
    高崎駅で購入
  • 上越線(長岡・越後湯沢方面)から
    水上駅で購入

ぐんまワンデーパスのおすすめな使い方

草津温泉

ぐんまワンデーパスは使い方はいろいろありますが、おすすめ使い方を紹介します。

たとえば、草津温泉に日帰り入浴

長野原草津口~草津温泉ターミナル間を走るJRバスを利用して草津温泉で日帰り入浴がおすすめです。

草津温泉は高温で酸性の湯が特徴です。湯畑を中心に多くの旅館や商店が立ち並んでいます。

JRバスで長野原草津口〜草津温泉ターミナル間を往復するだけで1,420円かかり、長野原草津口までの吾妻線もフリーエリアなので、かなりおトクに行けます。

例えば高崎駅から草津温泉ターミナルまで往復する場合、通常3,760円かかりますので、往復するだけで元がとれます。

高崎⇔草津温泉ターミナル経路&通常運賃

高崎ー上越線・吾妻線ー長野原草津口ーJRバスー草津温泉ターミナル
片道:1,880円(ICカード1,874円)
往復:3,760円(ICカード3,348円)

ぐんまワンデーパスまとめ

今回は2022年4月~9月に使える群馬県のJR・私鉄が1日乗り放題の「ぐんまワンデーパス」を紹介しました。

最後に「ぐんまワンデーパス」の特徴をおさらいしましょう。

  • 群馬県のJR線と東武、上信電鉄、上毛電気鉄道、わたらせ渓谷鐡道が1日乗り放題
  • JRバスで草津温泉や軽井沢へ行ける
  • 特急券を買えば特急列車・新幹線に乗車できる
  • JR東日本の指定席券売機などで購入できる

また、休日に東京や横浜、千葉など関東南部から群馬に日帰りされる場合は、「休日おでかけパス」や「のんびりSuicaおでかけパス」と組み合わせるとおトクになるケースもあります。

休日おでかけパス

のんびりホリデーSuicaパス

おトクなきっぷ
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました