伊藤園烏龍茶650mlを飲んでみた~すっきりして飲みやすい~

伊藤園烏龍茶飲み物

ウーロン茶のペットボトル飲料と言えば、サントリー烏龍茶を思い浮かべる方も多いですが、1980年に誕生した伊藤園の「缶入り烏龍茶」の方が歴史があり、実は世界初の無糖茶飲料なんです。

そして、40年の時を経て現代人の嗜好に合ったウーロン茶飲料「烏龍茶」が2020年7月6日に650mlペットボトルとして新発売されました。

今回は伊藤園の「烏龍茶」を実際に飲んたので紹介します。

スポンサーリンク

伊藤園烏龍茶~すっきり本格派~

伊藤園烏龍茶

伊藤園から新発売となった「烏龍茶」は原料茶葉に鮮やかで甘い香りが特徴の「色種」と鮮やかな赤褐色の水色(すいしょく)にすっきりとした渋みが特徴の「水仙」を使用しています。

「色種」と「水仙」の茶葉をバランスよくブレンドすることで、烏龍茶本来のコクがありながらもすっきりした味わいに仕上げました。

重さを測ったら、ペットボトルも含めて670gでした。内容量が650gですので、ペットボトルの重さが20gとかなり軽量です。

またペットボトルがくびれているので大容量の割には持ちやすいです。

伊藤園烏龍茶 製品情報 

伊藤園烏龍茶 製品情報
品名ウーロン茶飲料
原材料名烏龍茶(中国)/ビタミンC
内容量650ml
販売者株式会社伊藤園

「伊藤園烏龍茶」は650mlサイズの他にHOT&COLD兼用の275mlのコンパクトサイズがあります。

2Lサイズは従来の伊藤園ウーロン茶

今回発売された(赤いパッケージの)烏龍茶は650mlとコンパクトな275mlの2種類のサイズで、大容量の2Lサイズはありません。

伊藤園のホームページを見ると2Lサイズは従来の黒いパッケージの「ウーロン茶」として引き続き製造されているようです。

伊藤園烏龍茶(650ml) 栄養成分

伊藤園烏龍茶 栄養成分
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物
ー糖類
0g
食塩相当量0.03g
スポンサーリンク

伊藤園烏龍茶を実際に飲んでみた

伊藤園烏龍茶

伊藤園烏龍茶はお茶の色が見た感じ赤に近い茶色で、光の当たり方にもよりますが、紅茶に似た感じでした。

一口飲んでみたところ、烏龍茶独特の苦みも少なくてすっきりした味わいでした。

食事にも、喉が渇いたときにも合いそうな感じです。

カップに移して温めてもおいしい

「伊藤園烏龍茶」を温めてみたらどんな味かなと思い、電子レンジで温めてみました。

温めてみたら飲みやすくおいしいですが、烏龍茶独特のコクが少し弱い気がしました。

伊藤園烏龍茶はすっきりして飲みやすい

伊藤園烏龍茶

今回は2020年7月に新しくなった伊藤園の「烏龍茶」を飲んでみました。

烏龍茶の苦味が少なく飲みやすいお茶でした。烏龍茶の苦味が苦手な方でも比較的飲みやすいのではないでしょうか。

伊藤園の烏龍茶は黒いラベルの印象が強いですが、赤いラベルに変わり、以前よりもすっきり感が強くなったような気がします。

気になる方は一度、伊藤園の「烏龍茶」を飲んでみたらいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました