【PR】記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります。
PR

JREポイントのおすすめな使い方【JR東日本共通ポイント】

JREポイントのおすすめ使い方

本ページのリンクにはプロモーション・広告が含まれています。

JR東日本の共通ポイント「JREポイント」は電車に乗ったり、エキナカで買い物したりと様々な方法で貯まりますが、使い方が気になりますよね!?

当記事ではJREポイントの使い方をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、JREポイントの貯め方については別記事で紹介していますので、あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

JREポイントの使い方

JREポイントの使い方

JREポイントの使い方はSuicaへのチャージなど以下の方法があります。

JREポイントの使い方
  1. Suicaにチャージする
  2. Suicaグリーン券に交換
  3. 新幹線eチケットに交換
  4. JR東日本の新幹線グリーン車・グランクラスにアップグレード
  5. えきねっとチケットレスサービスに交換
  6. どこかにビューーン
  7. 駅ビルで使う
  8. ショッピングモールサイト「JREMALL」で使う
  9. 商品や提携ポイントに交換

それぞれ詳しくみてみましょう。

①Suicaにチャージする

JREポイントは1ポイント=1円として、1円単位でSuicaにチャージが可能です。
(1回の申請で10,000ポイントが上限)
※期間限定ポイントはSuicaにチャージできません。

Suicaへチャージするには事前に JRE POINT WEBサイトから申し込む必要があります。

カードタイプのSuicaとモバイルSuicaのSuicaにチャージする方法を紹介します。

1.カードタイプのSuica

カードタイプのSuicaの場合、WEBサイトでの申込完了後に駅の券売機でチャージできます。

チャージできるのは申込翌日から7日以内(0:00~7:00は除く)です。申込んだ当日はチャージできません。

詳しくはこちら

2.モバイルSuica

モバイルSuicaの場合、WEBサイトでの申込完了後にモバイルSuicaアプリ上で受取操作して、チャージをします。

受取できるのは申込完了後、8日以内です。
(2:00~4:00の間はチャージできません)

カードタイプのSuicaとは異なり、申込み完了後すぐにSuicaにチャージできます。

詳しくはこちら

②Suicaグリーン券に交換する

JR東日本エリアの普通列車グリーン車自由席に乗車できる「Suicaグリーン券」に600ポイントで交換できます。(通常ポイント・期間限定ポイントの両方使えます)

普通列車グリーン車は距離や平日・休日で料金が変わりますが、JREポイントで交換する場合は同一ポイントで引き換えられますので、長距離利用する場合に特におすすめです。

JREポイントで交換したSuicaグリーン券で乗車できるのは以下のエリアです。

Suicaグリーン券が利用できる普通列車グリーン車の運行エリア

Suicaグリーン券の使い方

Suicaグリーン券を使うには事前にJREポイント公式サイトから交換手続きが必要です。

交換手続きが完了するとメールが届きますので、乗車日当日にSuicaグリーン券を受け取ります。

Suicaグリーン券の受け取り場所は、SuicaカードとモバイルSuicaで異なります。

Suicaグリーン券の受け取り場所
  • Suicaカード・・・乗車駅の自動券売機
  • モバイルSuica・・・モバイルSuicaアプリ

JR東日本の普通列車グリーン車について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

③新幹線eチケットに交換する

JREポイントで新幹線の普通車指定席にチケットレスで乗車できる「JRE POINT特典チケット(新幹線eチケット)」に交換できます。

「新幹線eチケット」について詳しくは以下の記事のご覧ください。

「JRE POINT特典チケット」に交換可能な区間

JREポイントから「JRE POINT特典チケット」に交換できるのはJR東日本エリアの新幹線です。

「JRE POINT特典チケット」に交換可能な区間
  • 東北新幹線
    (東京~新青森)
  • 山形新幹線
    (東京~福島~新庄)
  • 秋田新幹線
    (東京~盛岡~秋田)
  • 上越新幹線
    (東京~新潟)
  • 北陸新幹線
    (東京~上越妙高)

「JRE POINT特典チケット」の交換ポイント数

「JRE POINT特典チケット」での交換ポイント数は、距離に応じて変わります。

距離交換ポイント数
0~100㎞2,160ポイント
101~200km4,620ポイント
201~400km7,940ポイント
401km~12,110ポイント

※交換ポイント数はおとな、こどもとも同じポイント数です。

④新幹線のグリーン車・グランクラスへのアップグレード

JREポイントを使って、新幹線eチケットの普通車指定席からグリーン車、グランクラスへのアップグレードができます。(JR東日本区間に限る)

アップグレードに必要なポイント数

アップグレードに必要なポイント数は列車ごとに異なります。

グリーン車

列車名グリーン車
(通常)
はやぶさ3,500ポイント
はやて・やまびこ3,000ポイント
なすの1,500ポイント
こまち3,000ポイント
つばさ3,000ポイント
とき3,000ポイント
たにがわ1,500ポイント
かがやき・はくたか3,000ポイント
あさま2,000ポイント

グランクラス

列車名グランクラス
(飲料・軽食なし)
グランクラス
(飲料・軽食あり)
はやぶさ6,500ポイント8,500ポイント
はやて・やまびこ6,000ポイント
なすの4,500ポイント
とき6,000ポイント
たにがわ4,500ポイント
かがやき8,000ポイント
はくたか6,000ポイント
あさま5,000ポイント

※交換ポイント数はおとな、こどもともに同じポイント数です。

⑤えきねっとチケットレスサービスに交換

JR東日本の在来線特急で利用できる特急券「えきねっとチケットレスサービス」に交換できます。
「えきねっとチケットレスサービス」を利用する場合は、別途乗車券などが必要です。

「えきねっとチケットレスサービス」の交換ポイント数

「新幹線eチケット」での交換ポイント数は、距離に応じて変わります。

距離交換ポイント数
0~50km460ポイント
51~100km720ポイント
101~200km1,280ポイント
201km~1,940ポイント

※交換ポイント数はおとな、こどもともに同じポイント数です。

「旅せよ平日!『JRE POINT特典チケット』でおトクに湯らり旅」キャンペーン

2024年1月9日~3月29日(平日のみ)に特急「踊り子」・「草津・四万」を対象で通常よりも少ないポイントで「JRE POINT特典チケット」に交換できます。

距離交換ポイント数
(通常)
交換ポイント数
(キャンペーン)
0~50km460ポイント300ポイント
51~100km720ポイント500ポイント
101~200km1,280ポイント1,000ポイント

⑥どこかにビューーン

どこかにビューーン」はJR東日本がおすすめする4つの行き先候補駅の中からどこか1つの駅にJREポイントで往復できます。(往復とも普通車指定席)

出発駅は東京駅・上野駅・大宮駅と2023年12月からは仙台駅・盛岡駅・新潟駅・長野駅発着が選択できるようになりました。

行き先は自由に選べませんが、東京駅発の場合、東京⇔盛岡・秋田・新青森など東京駅から離れた新幹線停車駅に当たると、通常のJRE POINT特典チケットよりも少ないポイントで利用できます。
(例:東京⇔秋田 JRE POINT特典チケット24,220ポイント)

どこかにビューーンの交換ポイント数(往復)

東京・上野・大宮発 6,000ポイント

仙台・盛岡・新潟・長野発 5,000ポイント

どこかにビューーンの行先

どこかにビューーンの行先の候補になる駅は出発駅によって異なります。

東京・上野・大宮発

東北新幹線
那須塩原~新青森間の各駅

山形新幹線
米沢~新庄間の各駅

秋田新幹線
雫石~秋田間の各駅

上越新幹線
上毛高原~新潟間の各駅、ガーラ湯沢

北陸新幹線
安中榛名~上越妙高間の各駅

仙台駅発

東北新幹線
東京~郡山間の各駅、水沢江刺~新青森間の各駅

秋田新幹線
雫石~秋田間の各駅

盛岡駅発

東北新幹線
東京~くりこま高原間の各駅、七戸十和田駅、新青森駅

秋田新幹線
秋田駅

新潟駅発

上越新幹線
東京~浦佐間の各駅

北陸新幹線(高崎のりかえ)
安中榛名~上越妙高間の各駅

長野駅発

上越新幹線(高崎のりかえ)
上毛高原~新潟間の各駅

北陸新幹線
東京~高崎間の各駅

⑦駅ビルで使う

「アトレ」や「エキュート」などの対象店舗のお会計の際に1ポイント=1円として、1ポイントから使えます。

使えるお店はこちら!

⑧ショッピングモールサイト「JREMALL」で使う

ショッピングモールサイト「JREMALL」では1ポイント=1円として、1ポイントから使えます。

⑨商品や提携ポイントに交換する

JREポイントは次の商品や提携ポイントに交換できます。交換できる商品にはビューカード会員限定のものもあります。

JREポイントで交換できる商品
  • ベックスコーヒーショップ回数券
  • メトロポリタンホテルズ共通利用券
  • リラクゼご利用券
  • 鉄道博物館入場券
  • From AQUA 550ml×24本 など

ビューカード会員なら交換できる商品が増えます。

ビューカード会員限定で交換できる商品・提携ポイント
  • 新幹線・特急列車グリーン車利用券
  • 駅レンタカー利用券(3,000円分)
  • 各種ギフトカード(5,000~5,500円相当)
  • Suicaのペンギングッズ
  • 鉄道グッズ
  • キッチングッズ
  • 各種グルメ
  • JALのマイル(JALカードSuicaのみ)
  • ビックポイント(ビックカメラSuicaカードのみ)など
詳しくはこちら
スポンサーリンク

JREポイントのおすすめな使い方

 JREポイントのおすすめな使い方

JREポイントは多くの商品やポイントに交換できますが、おすすめな使い方は次の3つです。

  • Suicaグリーン券
  • 新幹線eチケット
  • Suicaへのチャージ

それぞれ詳しくみてみましょう。

1.Suicaグリーン券

平日や長距離、首都圏地区のグリーン車を利用する機会があるなら、「Suicaグリーン券」への交換がおすすめです。

ちなみにSuicaグリーン券の料金は以下のとおりです。
(2024年2月現在)

営業キロ平日ホリデー
50kmまで780円580円
51km以上1,000円800円

ホリデー料金の50㎞以下の場合を除いて、1ポイント=1円以上の価値があります。
特に平日51㎞以上の場合、1ポイント≒1.66円となり、特におトクです。

2.新幹線eチケット

多くJREポイントが貯まっていて、新幹線に乗車する機会がある場合、「新幹線eチケット」への交換もいいかもしれません。JR東日本エリアの各新幹線で利用できます。

各区間の交換ポイントと通常料金

区間交換ポイント通常料金
東京~福島7,940ポイント9,110円
東京~新潟7,940ポイント10,760円
東京~仙台7,940ポイント11,410円
東京~盛岡12,110ポイント15,010円
東京~新青森12,110ポイント17,670円
※仙台・盛岡・新青森は「はやぶさ」利用

距離が400kmに近い「東京~仙台」や700km超えの「東京~新青森」だと、1ポイント=1.4円以上の価値があります。

3.Suicaへチャージ

新幹線や普通列車グリーン車に乗る予定がない方でしたら、Suicaへのチャージがおすすめです。1ポイント単位でチャージができ、普段のお買い物にも利用できます。

「モバイルSuica」ならば手続き完了後すぐに受け取れ、支払いに使えます。

JREポイントの使い方まとめ

JREポイントの使い方まとめ

今回はJREポイントのおすすめな使い方を解説しました。

最後にJREポイントの使い方をおさらいしましょう。JREポイントの使い方は次の9個です。

  1. Suicaにチャージ
  2. Suicaグリーン券に交換(普通列車グリーン車)
  3. 新幹線eチケットに交換
  4. JR東日本の新幹線グリーン車・グランクラスにアップグレード
  5. えきねっとチケットレスサービスに交換
  6. どこかにビューーンに交換(新幹線普通車指定席)
  7. 駅ビルやエキナカで使う
  8. ショッピングモールサイト「JREMALL」で使う
  9. 商品や提携ポイントに交換

「JREポイント」は普段に乗る方も、そうでない方でも使いやすいポイントですので、ぜひ活用してみてくださいね。

\お時間があればあわせてどうぞ/

JREポイントの貯め方

JR・新幹線+宿泊セットプラン

タイトルとURLをコピーしました