【ビジターチームファン向け】メットライフドーム1塁側おすすめ座席を紹介!

プロ野球

プロ野球では1塁側がホームチームのベンチがあるのが一般的ですが、埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドームは3塁側にあります。

そうなると、ビジターチームのベンチは1塁側にありますね。

当記事では主に以下の内容を紹介していきます。

  • メットライフドーム1塁側にある座席の種類
  • ビジターファンにおすすめな座席

メットライフドームでの座席選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

メットライフドーム(西武ドーム)とは

メットライフドーム」はプロ野球 埼玉西武ライオンズの本拠地で埼玉県所沢市にあります。近くには多摩湖、狭山湖などがあり、自然に囲まれています。

\電車・車での行き方/

スポンサーリンク

2020年メットライフドーム 1塁側の主な座席

メットライフドーム

1塁側は「内野席エリア」と「外野席エリア」の大きく2つに分かれます。入口は1塁側で1か所ですので迷う心配はありません。

2020年シーズンは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「入場時の検温」、「マスクの着用」、「ファンクラブ会員証もしくはチケット会員の会員証」が必須となります。

詳しくは埼玉西武ライオンズホームページにて確認ください。

メットライフドームは10月になると特に夜になると寒くなる日もあります。

そんな時、あったか温感マスクがおすすめです。

普段使いもできるヒートテックを着ていくのもおすすめです!

内野席エリア

内野席は一般的なプロ野球の座席と思ってかまいません。

内野席はホームベースやグランドからの距離で座席のエリアが区切られています。

一般的な野球観戦の座席の他に 「セブン-イレブン・ダグアウトテラス 」などグループ向けの座席もあります。

外野席エリア

メットライフドーム外野席

2020年10月6日より外野芝生エリアの販売を再開しましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、座席数に制限があります。

詳しくは埼玉西武ライオンズホームページをみてください。

外野エリアは大半が㉗ 芝生指定エリアで 、後ろの方に少しだけベンチエリアがあります。
芝生エリアは人工芝のエリアが黒いテープで仕切られている簡素なものです。

攻撃中は立って応援するビジターファンの方が多いです。

クライマックスシリーズやシーズン終盤の試合だと、ライト側の一部エリアがライオンズファンの応援席になり、ビジターファン専用の応援エリアが狭くなります。

メットライフドーム 1塁側 内野席(2020年リニューアル)

メットライフドーム内野席シート
画像引用:埼玉西武ライオンズホームページ

2020年シーズンから内野席のシートがリニューアルされ、これまでクッションのない座席もクッション付きの座席に変わりより快適に野球観戦ができるようになりました。

メットライフドーム 1塁側内野席の座席区分

メットライフドーム座席区分

メットライフドームの多くのエリアを占める内野席。

内野席はホームベースやグランドからの距離で座席のエリアが区切られています。

⑭内野指定席SS ・ ⑯内野指定席S

「⑭内野指定席SS」と「⑯内野指定席S」なら、プレーも選手も間近で見られます。

「内野指定席SS」は「内野指定席S」よりも値段は高いですが、試合も、プレーも、選手もより近くで見れる座席です。

⑱ライオンズ内野指定席A

「内野指定席SS」と「内野指定席S」よりも更に上段にあるのは「⑱ライオンズ内野指定席A」です。

座席名に「ライオンズ」と名がついているので、1塁側でもライオンズファンが多いエリアです。

⑤フィールドビューシート

メットライフドームフィールドビューシート

近年、多くの球場で導入されるようになった座席で、グラウンドレベルでの臨場感のある試合が見れます。

人気がある席なので特に休日の試合やシーズン終盤戦はすぐに売り切れます。

⑫ブルペンサイドシート

メットライフドーム1塁側ブルペン
写真は2019年に撮影したものです。

メットライフドームはブルペンがスタンドから見える数少ない球場です。

投手にとってはプレッシャーがかかりそうですが、野球を見にきた人にはうれしい限りです。

⑳内野指定席B・㉒内野指定席C

メットライフドーム内野指定席

「内野指定席B・C」は外野エリアに近い座席です。

もともとは「内野指定席C」という ブルペンの上からファールネット付近までの広いエリアでしたが、2020年からは上段が「内野指定席C」・下段が「内野指定席B」の2つにわかれました。

\詳しくはこちらの記事/

2020年版 「内野指定席B」と「内野指定席C」どちらがおすすめ!?

グラウンドの近くで観戦したい場合は「内野指定席B」、球場全体の雰囲気を味わいたい場合は「内野指定席C」がおすすめです。

ただ前方すぎるとフェンスがあって見えにくいかもしれません。フェンスが気になるようでしたら、後方の座席をおすすめします。

ちなみにお値段は「内野指定席C」の方が若干安いです。

遠くて選手が良く見えないときは双眼鏡がおすすめ

「内野指定席C」だとグラウンドから遠くて選手が良く見えないこともありますよね!?そんなときに双眼鏡があると大事な瞬間も見逃しません。

ビジターチームの多いエリア

ビジターチームのファンはファールネット付近に比較的多くいます。

ファールネット付近ではビジターチームの攻撃時は応援に参加する人が多いです。

内野席では立っての応援はできません。実際に注意されたことがあります(汗)。

メットライフドーム 1塁側 外野席(芝生席がほとんど)

メットライフドーム外野芝生指定エリア

2020年シーズンはビジター外野芝生エリアをライオンズエリアとして販売するため、ビジター外野の販売はありません。

ビジターチームの応援団がいるエリア!

大部分が人工芝になっていて、ビジターチームの攻撃時はほとんどの人が立って応援しています!

㉗ビジター外野芝生指定エリア(ライト)

メットライフドームの大きな特徴として外野席の大半が人工芝の指定エリアになっています。

指定エリア化したといっても、両国国技館の升席(行ったことありませんが)みたいに金属の仕切りがあるわけではなく、テープで印がついているだけの簡易的な仕切りです。

㉘ビジター外野指定ベンチ(ライト)

座席エリアは少しだけありますが、ほっともっとフィールド(グリーンスタジアム神戸)みたいな長いベンチです。

僕は外野での観戦の時は、芝生エリアを利用するので、座席の座り心地はわかりませんが、見た限りは少し狭いかなとと思いました。

ちなみにベンチの一部は応援団専用のエリアになっています。

外野芝生指定エリアのレビュー

メットライフドーム外野芝生指定エリア

2019年10月10日にクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦を見に行った時に、ビジター外野芝生指定エリアに座りました。

実際に座ってみると思ったよりも広く感じました。

一番後ろのエリアを確保したので、席を外す時に周りを気にしなくて済みました。

ただあまり後ろに行くと応援団の旗に当たる(かする程度ですが)こともありますので注意が必要です。

芝生エリアにはレジャーシートやクッションなどを用意して観戦するようにしましょう。

■レジャーシート

■クッション

メットライフドームへのアクセス

メットライフドーム

メットライフドームへは西武球場前駅から歩いてすぐなので、駅を出て迷うことはまずありませんが、西武球場前駅までは都心からだと様々な行き方があります。

別記事「メットライフドームへの行き方を紹介」で詳しく紹介していますので、メットライフドームに行かれる際は参考にしてみてくださいね。

メットライフドーム周辺のホテル

ホテル

メットライフドームの周辺にはホテルは少ないですが、東京都心など少し足を運べばホテルが豊富です。

それでも、できたら試合終了後なら近場のホテルに泊まりたい!

そんな方におすすめなメットライフドーム近くのホテルを「メットライフドーム周辺のアクセスが便利なホテル6選」でまとめています。

メットライフドームでのビジターチームのファンにおすすめな席

メットライフドーム

今回、メットライフドーム1塁側の座席を紹介しましたが、個人的にビジターファン向けにおすすめの座席を次の3つです!

ビジターファンおすすめ座席
  1. 外野芝生席(ライト側)
  2. 内野指定席B・C
  3. ブルペンサイドシート

おすすめ座席①外野芝生席(ライト側)

ホームチームの応援・応援グッズ使用・ユニフォーム着用はできないので、ビジターチームファンにとっては応援しやすい環境です!

攻撃時に立って応援できるのも外野席の醍醐味ではないでしょうか。

ベンチ席もありますが、ベンチは簡易的なものなので個人的には芝生指定エリアをおすすめします。

飲食しながらゆっくり応援したい方は、「内野指定席C」などをおすすめします。

おすすめ座席②内野指定席B・C

比較的リーズナブルな値段で座ってゆっくり観戦できます。

ドリンクホルダーがあるので安心して飲食もできます。

内野指定席Cの外野寄りはビジターチームのファンが比較的多いので、声を出して応援してもあまり気になりません。また、「ファンになりたてで外野席はちょっと・・・。」という初心者の方にもおすすめしたい席です。

埼玉西武ライオンズ オンラインチケットショップなら、シートマップから座席指定ができるので、空いていれば通路側の座席などの指定もできます。

\チケットを探してみる/

おすすめ座席③ブルペンサイドシート

「ブルペンサイドシート」はブルペンを間近で見れる座席です。

テレビや動画の配信ではあまり見れないブルペンの様子が見れるのがメットライフドームの大きな特徴です。

僕は座ったことがありませんが、値段もそこまで高くないので機会があれば行ってみたい席の一つです。

最後に一言

メットライフドームは2021年に向けて改修工事が進んでいます。外野エリアもリニューアルされ、芝生エリアがどうなるか気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました