函館山へのロープウェイ・バスでの行き方~函館山へ向かうのは夕方がおすすめ~

函館山アクセス観光地

函館観光のハイライトといえば、函館山からの夜景ではないでしょうか。

函館山の夜景は、世界的に有名な観光スポットで、平日、休日問わず多く人が来ています。

特に日没直前から日没後1、2時間はロープウェイ、バスも大変混んでいます

ただ時間帯を選べばバス・ロープウェイも空いていて余裕を持って函館山に行けます!

今回は函館山へのアクセスと函館山へ行くおすすめな時間帯を紹介します。

函館山展望台への行き方

函館山へはロープウェイか路線バス、タクシーで行くのが一般的です。

マイカー・レンタカーは混雑防止のため17:00~22:00(10月以降16:00~21:00)は通行止めになります。それ以外の時間帯は通行可能です。

函館山への道路は、11月の中旬以降、翌年の4月中頃までバス・タクシーも含めて車両通行止めになります。

冬の期間はロープウェイで山頂に向かいます

函館山 ロープウェイ

函館市電の「十字街」電停から南部坂を上ったところにロープウェイ山麓駅があります。

チケットを山麓駅1階の券売機もしくはチケットカウンターで購入できます。

購入したら、3階のチケットゲートをくぐり、ロープウェイに乗ります。

函館山の山麓から山頂までわずか3分で到着します。

詳しくはこちら

函館山ロープウェイ山麓駅へのアクセス

函館山ロープウェイ山麓駅へは函館市電の十字街駅から歩いて行く方法と函館駅などからバスやタクシーなどで行く方法があります。

函館市電で

函館市電「十字街」電停より徒歩10分

JR函館駅から

車・タクシー7分
バス(函館バス)10~15分

函館山ロープウェイ山麓駅周辺駐車場

市営観光駐車場58台(バス15台・一般車43台)
ロープウェイ駐車場一般車85台

どちらの駐車場も無料で利用できます

台数に限りがありますので、公共交通機関をおすすめします。

函館山ロープウェイ運行時間

函館山ロープウェイは15分毎(毎時00分・15分・30分・45分)に運転しています。ただし混雑時は5〜10分毎に増発されます。

期間始発上り最終下り最終
4月25日~10月15日10:0021:5022:00
10月16日~4月24日10:0020:5021:00

※当面の間、始発17:00、上り最終20:50、下り21:00と短縮営業を行っています。(2021年4月24日現在)運行時間が変更になる場合がありますので、事前に公式ホームページを確認してください。

運賃

普通運賃片道往復
大人(中学生以上)1,000円1,500円
小児500円700円

※この他、団体運賃(15名以上)、障がい者運賃、修学旅行運賃があります。

函館山登山バス(函館バス)

函館山行き函館バス

運賃

大人400円 小児200円

バスカード・交通系ICカード(Suica・PASMOなど使えます)

函館バス1日乗車券(カンパス)」、「市電・バス共通1・2日乗車券」も使えます!

運行時間・停車停留所

運行時間・停車停留所は函館バスホームページにて確認してください。

※冬季(例年11月中頃から翌年4月中頃)は、函館山登山道の車両通行止めにより、バスも運休になります。冬季期間はロープウェイのみ運行しています。

実際にバスで函館山へ行ってみた

函館駅前函館山登山バス バス停

2019年7月に函館山行きのバスに乗車したときのものです。

函館駅前のバス乗り場には、数人ほど待っていました。

7月の中頃に行きましたので、日没時間が19時過ぎといういうこともあって、バスを待つ人は少なかったです

日没直前になるとバスも混みますので、早めに函館山に行って正解でした

函館バス 函館山行き

函館山ロープウェイの山麓駅を過ぎると車内の照明が消されます。

この写真は夕方撮ったのでわかりにくいですが、夜になるとほぼ真っ暗になります。

バスにはガイドさんがいて、函館山についての説明や視界が開けたところでは、バスも減速して景色の解説をしていました!

日没までまだ時間があったので車内は空いていて、余裕を持って座れました。

日没後に登ると山の中腹から綺麗な夜景が見れます!

ただバスは混雑して満員状態ですので、混んでいるのがいやならば早めに山頂に登ることをおすすめします。

函館山 山頂

函館山の山頂にある碑です。

行った時はそこまで人はいませんでしたが、日没に近づくにつれ撮影スポットとしてにぎわっていました!

函館山の様子は以下の記事をご覧ください。

函館山へのロープウェイ・バスでの行き方まとめ

今回は、函館山への交通アクセスを中心に書いていきました。

7月の中頃に行ったので、日没が19時15分ごろでしたので、18時頃に行ったのでバスも空いていました。

また、早めに行くと天気がいい日なら夕陽も見れます。

函館山へ行く道路が冬季通行止めにならない期間ならば、函館駅や函館ベイエリアから行くならば途中で乗り換えなしで行けるバスで行くことをおすすめします。

ロープウェイもロープウェイならではの景色が見え、また3分で山頂まで行けるのもいいですけどね。

というわけで今回は、函館山へのアクセスについて紹介しました!

観光地
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました