【PR】記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります。
PR

【2024年夏】都営地下鉄の1日乗車券ワンデーパスは500円で乗り放題!

都営地下鉄 ワンデーパス

本ページのリンクにはプロモーション・広告が含まれています。

都営地下鉄ではワンコイン(500円)で1日乗り放題になる「都営地下鉄ワンデーパス」があります。

2024年の夏は以下の期間で発売されます。

都営地下鉄「夏」のワンデーパス発売期間
  • 2024年7月20日〜9月1日の土日祝日
  • 2024年8月13日〜8月16日

夏休み期間に限られますが、条件があえばかなりおトクなきっぷです。

当記事では次の内容をメインに紹介します。

  • 都営地下鉄ワンデーパスの買い方
  • 都営地下鉄ワンデーパスがおトクなケース
  • 都営地下鉄ワンデーパスを使ったおすすめスポット

都営地下鉄ワンデーパス」を使う際に参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

都営地下鉄ワンデーパスとは

都営地下鉄 ワンデーパス

「都営地下鉄ワンデーパス」 は東京都交通局が期間限定で発売している都営地下鉄全線が1日乗り放題になるきっぷです。

料金は大人500円とワンコインで(購入できます。こどもの都営地下鉄ワンデーパスは100円と破格です。

都営地下鉄ワンデーパスは磁気券(紙のきっぷ)とICカード乗車券(PASMO)でも発売されています。

PASMO版の場合、乗り越しはPASMOの残高で自動精算され、区間外乗車の場合でもスムーズに改札を通れます。

SuicaなどPASMO以外のIC乗車券は対応していません

都営地下鉄ワンデーパスのフリーエリア

フリーエリア都営地下鉄全線

東京メトロは利用できません

画像引用:東京都交通局ホームページ

東京メトロと都営地下鉄のどちらも多く乗る場合は「東京メトロ・都営地下鉄1日乗車券」がおすすめです!

スポンサーリンク

都営地下鉄ワンデーパスの販売期間・買い方

2019-2020年冬のワンデーパスのポスターです。

発売期間は季節ごとに東京都交通局ホームページ、駅ポスターなどで案内されています。

2024年の夏は学校の夏休み期間にあわせて発売されます。

2024年夏はこども料金が250円→100円と値下げになりました。

2024「夏」発売期間

  • 2024年7月20日(土)〜9月1日(日)の土日祝日
  • 2024年8月13日(火)〜8月16日(金)
    (お盆期間は平日も発売しています)

有効期間

1日
(購入当日のみ有効)

値段

大人500円 小児100円

(PASMOと同時購入する場合、デポジット代500円かかります)

都営地下鉄ワンデーパスの買い方

都営地下鉄自動券売機

都営地下鉄ワンデーパスは都営地下鉄各駅にある自動券売機で購入できます。
(押上、目黒、 白金台、白金高輪、都営新宿線新宿の各駅を除く )

都営地下鉄ワンデーパス 特典「ちかとく」

都営地下鉄ワンデーパス 特典「ちかとく」
画像引用:ちかとく公式サイト

都営地下鉄ワンデーパス」などの1日乗車券を提示すると、割引やサービスを受けられます。
対象施設での特典内容はガイドブック「ちかとくにまとめています!

詳しくはこちら

都営地下鉄ワンデーパスを買ったほうが得なケース

都営地下鉄ワンデーパスは500円で1日乗り放題ですので、少し乗るだけで元が取れるケースが多いです。

1.1日に3回以上都営地下鉄に乗る予定の場合

都営地下鉄の初乗り運賃が180円(IC運賃 178円)なので、3回乗ればもとが取れます。

2.9kmを超える区間を往復する場合

都営地下鉄は10km~15km区間の運賃が片道280円( IC運賃 272円 )です。
往復すると560円(IC運賃 544円)ですので、往復するだけでもとが取れる計算になります。

都営地下鉄ワンデーパスを使っていくおすすめスポット

僕は「都営地下鉄ワンデーパス」で次の場所に行きました。

行った場所
  • 東京スカイツリー
  • 東京都庁

それぞれの施設を簡単に紹介します。

東京スカイツリー

東京スカイツリー

東京スカイツリーは都営浅草線・東京メトロ半蔵門線押上駅からすぐのところにあります。
地上350m・450mにある展望台からは東京を一望できます。

東京スカイツリーに登らなくても東京ソラマチをぶらぶらするだけでも楽しめます。

東京スカイツリーイーストタワー 展望スペース

東京スカイツリータウン内の「東京スカイツリーイーストタワー」30・31階のレストランフロアには無料で楽しめる展望スペースがあります。

展望スペースの様子は以下の記事で詳しく紹介しています。

東京スカイツリーと浅草は歩いて行ける

東京スカイツリーと浅草は歩いて15~20分ほどと意外と近く、散歩するのにちょうどよい距離です。

浅草駅から吾妻橋を経て、東京スカイツリーへの歩いていく方法は以下の記事で詳しく紹介しています。

東京都庁

東京都庁

東京都庁第一本庁舎の45階には展望室があって、平日、休日問わず多くの人で賑わっています!外国人の方も多く、世界的にも有名な観光スポットでもあります。

東京都庁の展望室は「北展望室」と「南展望室」の2か所あるので、時間があれば両方行ってみて眺望を見比べるのもいいでしょう。

五反田→押上→蔵前→都庁前→大門と移動した結果

今回は都営浅草線五反田駅から「都営ワンデーパス」を使い次のルートで回りました。

実際の乗車ルート
  • 五反田ー都営浅草線ー押上
  • 押上ー都営浅草線ー蔵前
  • 蔵前ー都営大江戸線ー都庁前
  • 都庁前ー都営大江戸線ー大門

(途中下車は押上、都庁前の2駅)

ICカードで普通に運賃を支払うと交通費の総額が764円になりますが、「都営地下鉄ワンデーパス」使うことで、264円も得しました!

2か所まわっただけで元がとれますので、より多くの場所をまわる場合は更にお得です!

都営地下鉄1日乗車券ワンデーパスまとめ

東京都庁

都営地下鉄の1日乗車券「都営地下鉄ワンデーパス」は期間限定はありますが、都内の地下鉄で一番値段が安いフリーきっぷです。

都営地下鉄ワンデーパスのおすすめな方
  • 都営地下鉄を1日に3回以上利用する方
  • とにかく安く東京都内を回りたい方
  • 小学生のいる家族連れの方
    (こどもの場合1日100円で乗り放題)

また、都営地下鉄沿線には東京都庁や東京スカイツリーの他に東京ドームや両国国技館など様々な観光スポットがあります。

「都営地下鉄ワンデーパス」は期間限定ですが、都営地下鉄を利用される際には検討してみてはいかがでしょうか。

\お時間があればあわせてどうぞ/

■東京メトロ24時間券

■都区内パス

タイトルとURLをコピーしました