【2021春】都営地下鉄ワンデーパスは1日500円で乗り放題!

都営地下鉄 ワンデーパスおトクなきっぷ

都営地下鉄では期間限定でワンコイン(500円)で1日乗り放題になる「都営地下鉄ワンデーパス」があります。利用できる期間は限られますが、条件があえばかなりおトクなきっぷです。

当記事では次の内容をメインに紹介します。

  • 都営地下鉄ワンデーパスの利用期間・買い方
  • 都営地下鉄ワンデーパスがおトクなケース
  • 都営地下鉄ワンデーパスを使ったおすすめスポット

都営地下鉄ワンデーパス」を使う際に参考にしてみてくださいね。

都営地下鉄だけでなく、都営バスや都電なども使う場合は「都営まるごときっぷ」(700円)がおすすめです!

都営地下鉄ワンデーパスとは

東映地下鉄ワンデーパス

「都営地下鉄ワンデーパス」 は東京都交通局が期間限定で発売している都営地下鉄全線が1日乗り放題になるきっぷです。

PASMO版都営地下鉄ワンデーパス

僕は磁気乗車券を利用しましたが、ICカード乗車券(PASMO)でも発売されています。

PASMO版ワンデーパスだと、乗り越しはPASMOの残高で自動精算され、区間外乗車の場合でもスムーズに改札を通れます。
有効な定期券などの情報のないPASMOを持っていれば、「ワンデーパス」の情報が記載できます。

SuicaなどPASMO以外のIC乗車券は対応していません

都営地下鉄ワンデーパスのフリーエリア・販売期間・買い方

フリーエリア都営地下鉄全線

東京メトロは利用できません

東京メトロと都営地下鉄のどちらも多く乗る場合は「東京メトロ・都営地下鉄1日乗車券」がおすすめです!

2021春 都営地下鉄ワンデーパス 販売期間・有効期間

都営地下鉄ワンデーパス
ポスターは2019ー2020冬のものです。

発売期間は季節ごとに東京都交通局のホームページ、駅ポスターなどで案内されています。

2021年春 発売期間

  • 2021年3月13日(土)~2021年5月5日(水)の土曜、日曜、祝日

有効期間

1日(購入当日のみ有効で、前売りはありません)

2021春 都営地下鉄ワンデーパスの買い方

都営地下鉄自動券売機

都営地下鉄ワンデーパスは都営地下鉄各駅にある自動券売機で購入できます。
(押上、目黒、 白金台、白金高輪、新宿線新宿の各駅を除く )

値段

大人500円 小児250円

都営地下鉄ワンデーパス 特典「ちかとく」

都営地下鉄ワンデーパス」などの1日乗車券を提示すると、割引やサービスを受けられます。
対象施設での特典内容はガイドブック「ちかとくにまとめています!

詳しくはこちら

都営地下鉄ワンデーパスを買ったほうが得なケース

都営地下鉄ワンデーパスは500円で1日乗り放題ですので、少し乗るだけで元が取れるケースが多いです。

1.1日に3回以上都営地下鉄に乗る予定の場合

都営地下鉄の初乗り運賃が180円(IC運賃 178円)なので、3回乗ればもとが取れます。

2.9kmを超える区間を往復する場合

都営地下鉄は10km~15km区間の運賃が片道280円( IC運賃 272円 )です。
往復すると560円(IC運賃 544円)ですので、往復するだけでもとが取れる計算になります。

次へ都営地下鉄ワンデーパスのおすすめコース

おトクなきっぷ
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました