青春18きっぷモデルコース東海道本線②熱海~浜松|静岡県内を快適に移動する方法

東海道線 熱海 浜松列車・バス乗車記

静岡県は東西に長くて、青春18きっぷで東海道本線を移動するのに負担を感じるかもしれません。

少しでも快適に利用するためには乗換える場所などを考える必要があります。

当記事では

  • 青春18きっぷについて
  • 東海道本線熱海~浜松(静岡県内)について
  • 静岡県内の普通列車を快適に移動する方法
  • ホームライナー浜松・静岡・沼津について

をメインに紹介します。

ちなみに東海道線東京~熱海の区間は「青春18きっぷモデルコース東海道線東京~熱海」を見てくださいね。

青春18きっぷとは

青春18きっぷ

青春18きっぷはJRの普通列車全線乗り放題のきっぷです。

春・夏・冬休み期間に発売され、値段は5日分(5回分)で12,050円です。

青春18きっぷの詳しい使い方は「青春18きっぷの特徴」を参考にしてください。

青春18きっぷは秋には発売されていませんが、10月14日の鉄道の日前後に利用できる「秋の乗り放題パス」があります。

東京駅から東海道線を利用する場合どのくらいおトクか⁉

東京駅から青春18きっぷを使った場合のおトクになる金額などをまとめました。

目的地所要時間(日中平均)片道運賃オトクな金額
静岡約3時間20分3,410円1,000円
掛川約4時間30分4,070円1,660円
浜松約5時間4,510円2,100円

※所要時間は最短時間で乗換した場合の目安です。

東海道本線 熱海~浜松間の運行系統

東海道本線熱海~浜松 運行系統
本数が少ない運行系統は割愛しています。

東海道本線熱海~浜松間は途中の静岡駅周辺をメインにダイヤが組まれています。

熱海駅から静岡・浜松方面へ向かう場合、行先で一番多いのが島田駅行きでその次は浜松駅行きです。熱海駅発浜松駅行きの直通列車は午後から夕方にかけて本数が多く、時間帯があえばおすすめです。

東海道本線静岡県内の車両(211系・313系ロングシート)

熱海駅より西の静岡県内区間は211系もしくは313系の3~6両と、熱海より東の区間に比べ編成が短くなります。

この区間はオールロングシートの列車がほとんどで、移動するのに楽なボックスシートは少ないです。運行本数は10~20分に1本なので本数は充実しています。

東海道本線静岡県内区間を快適に移動する方法

JR東海313系ロングシート

東海道線の静岡県内は首都圏や名古屋周辺みたいに快速列車がなく、座席もロングシートなので乗っていて苦痛に感じるかもしれません。

そんな時、次のことを心がけると快適に移動できます。

  1. 混んでいる場合1本後の列車に乗る
    特に熱海駅では車両の編成数が少なくなるので混雑していて座れないことが多いです。そんな時は1本後の列車に乗ればほぼ座れます。
  2. 途中始発駅から乗車する
    熱海発の列車の多くは島田行きです。終点の島田駅で下車するのではなく、次の電車の始発駅(興津駅が多い)で乗り換えると座れる可能性が高いです。

他に朝・夕の時間帯に限られますが、静岡県内の東海道本線では330円の乗車券を購入することで「ームライナー」が利用できます。

ホームライナー浜松・静岡・沼津

JR東海373系 ホームライナー

青春18きっぷで旅をしている途中に新幹線を利用する場合、特急券の他に、利用する区間の運賃もかかり、かなりの出費です。

JR東海373系の車内

「ホームライナー」ならば青春18きっぷユーザーでも330円の乗車整理券を購入すれば、特急列車で使われる373系の車両に乗車できます。

乗車整理券は駅のホーム上にある券売機もしくはホームライナーの車内で購入できます。

静岡県内の東海道本線を走るホームライナーには次の種類があります。

東海道本線のホームライナー
  • ホームライナー浜松
  • ホームライナー静岡
  • ホームライナー沼津

ホームライナー浜松の時刻表

ホームライナー浜松は沼津、静岡から浜松行きのホームライナーで平日3本、休日1本運行しています。

ホームライナー浜松の時刻表

1号:静岡(18:12)→浜松(19:11)平日のみ
3号:沼津(18:31)→浜松(20:10)毎日運転
5号:沼津(19:25)→浜松(21:05)平日のみ

ホームライナー浜松3号は浜松駅到着後にそのまま豊橋駅行きの各駅停車になり、沼津駅から豊橋駅まで乗換えなしで移動できます

ホームライナー静岡の時刻表

静岡駅行きのホームライナー静岡は下り(沼津発)が平日2本、休日1本運行しています。また、上り(浜松発)が平日4本、休日2本運行しています。

ホームライナー静岡 時刻表(沼津発)

1号 :沼津(6:55)→静岡(7:37)平日のみ
31号:沼津(7:30)→静岡(8:16)休日のみ
3号:沼津(20:47)→浜松(21:28)平日のみ

ホームライナー静岡 時刻表(浜松発)

2号 :浜松(6:35)→静岡(7:40)平日のみ
4号 :浜松(6:58)→静岡(8:04)平日のみ
34号:浜松(6:58)→静岡(8:04)休日のみ
36号:浜松(8:29)→静岡(9:27)休日のみ
6号:浜松(19:33)→静岡(20:34)平日のみ
8号:浜松(21:18)→静岡(22:18)平日のみ

ホームライナー沼津

沼津駅行きのホームライナー沼津は上り(静岡発)が平日5本、休日2本運行しています。

ホームライナー沼津 時刻表

2号 :静岡(7:00)→沼津(7:41)毎日運転
4号:静岡(18:00)→沼津(18:42)平日のみ
6号:静岡 (19:00)→沼津(19:39) 平日のみ
8号:静岡(20:20)→沼津(21:01) 毎日運転
10号:浜松(21:36)→静岡(22:15)平日のみ

東海道本線 熱海→浜松 普通列車 乗車記

東海道本線熱海駅

今回は熱海駅→浜松駅の区間を各駅停車に乗車しました。

今回の乗車経路

熱海~東海道本線~興津~東海道本線~浜松

東海道本線 熱海~興津

JR東海211系

熱海駅からは静岡行きに乗車しました。車両は旧型の211系でした。

東海道本線で東京・横浜方面から来た場合、熱海駅までは10両ないし15両でグリーン車もついていましたが、熱海駅より先は3~6両になるので青春18きっぷシーズンは混雑します。

今回乗ったのは3両編成ということもあって、発車時点では立っている人がかなりいました。途中の三島駅・沼津駅あたりで降りる人が多かったです。

僕は終点の静岡駅まで行かず、浜松行きが停まっている興津駅で途中下車しました。

東海道本線 興津~浜松

jR東海313系

興津駅からは浜松駅へ向かう列車は3ドア3両編成313系のロングシートでした。

個人的には211系より乗り心地がいいような気がしました。

興津駅出発の時点では車内はガラガラでしたが、清水駅、草薙駅と静岡駅に近づくにつれて座席は埋まり立ち客もでていました。静岡駅で半分以上乗り降りがありました。

JR313系車内

今回乗ったのは浜松行の電車でしたが、短距離の利用が多く、静岡、焼津、掛川など主要駅ではもちろんのこと、他の駅でも乗り降りが多かったです。
(乗車したのは2019年冬の青春18きっぷ期間です)

浜松駅が終点の列車が多いので、豊橋・名古屋方面へは浜松駅で乗換です。東海道本線豊橋・名古屋方面の様子は別記事「青春18きっぷのモデルコース東海道線③浜松~京都」をご覧ください。

静岡県内東海道本線沿線のおすすめ宿泊施設

静岡側の富士山

日帰りで青春18きっぷの旅をするのもいいですが、じっくり観光しながらの旅ならホテルや温泉宿に宿泊するのもよいかと思います。

静岡県内のホテルや宿はクーポンが使えるじゃらんなどの予約サイトがおすすめです!

ホテルを予約する前にチェック

予約サイトのじゃらんnet楽天トラベルなどでは予約時に使える割引クーポンを配布している場合があります。

予約する前に割引クーポンチェックしてください!各社のクーポンページにリンクしています。

東海道本線静岡県内(熱海~浜松)まとめ

東海道本線浜松駅

今回は青春18きっぷなどで東海道線の各駅停車に乗り継いだ場合、比較的辛い区間の「熱海~浜松」間を少しでも快適に移動する方法を紹介しました。

東海道本線熱海~浜松間を快適に移動する方法
  1. 熱海で混んでいたら、1本後の列車に乗る
  2. 静岡もしくは島田行きの場合、興津駅で始発列車があれば乗り換える
  3. 夕方浜松方面に向かうなら、ホームライナー浜松に乗る

熱海駅~浜松駅の区間は運行本数が20分に1本程度あるので、乗継ぎプラン次第で途中の静岡駅などで食事がてら休憩するのもおすすめです。

旅の参考にしてみてはいかがでしょうか。

列車旅におすすめ荷物

東海地方のJR・私鉄を使った乗り鉄旅向けきっぷ

静岡駅⇔東京駅間の移動方法

列車・バス乗車記
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました