【みなとみらい線1日乗り放題】東急線みなとみらいパスを紹介

東急線みなとみらいパスおトクなきっぷ

東急東横線と相互乗り入れしている「みなとみらい線」。

みなとみらい線沿線にはみなとみらいや横浜中華街、山下公園などたくさんの観光スポットがあります。

今回は東急線沿線にお住まいの方がにおすすめな東急線の横浜駅までの往復乗車券とみなとみらい線の1日乗車券がセットになった「東急線みなとみらいパス」を紹介します。

スポンサーリンク

東急線みなとみらいパスとは

横浜みなとみらい

「東急線みなとみらいパス」は東急線の各駅から横浜駅の往復割引乗車券とみなとみらい線の1日乗車券がセットになったきっぷです。

2020年4月1日からきっぷタイプ以外にもPASMOにも対応するようになりました。

東急線みなとみらいパス 販売概要

販売場所

東急線各駅の券売機
※横浜駅、世田谷線・こどもの国線の各駅を除く

販売券種

  • きっぷ(磁気券)
  • PASMO※(Suicaなど他のICカードは非対応)
    ※PASMO定期券・モバイルPASMOなど一部のPASMO利用できません。
    利用できるPASMOは東急電鉄ホームページで確認してください。

有効期間

1日

値段

主な出発駅大人小児
渋谷・目黒・溝の口870円440円
武蔵小杉810円410円
日吉780円400円

東急線みなとみらいパスの優待特典

東急線みなとみらいパス」を対象施設で見せると、みなとみらい線沿線にある施設の入場料や飲食の割引などのサービスが受けられます。

東急線みなとみらいパスの主な特典
  • 帆船日本丸・横浜みなと博物館入館料割引
  • 横浜中華街の対象飲食店割引
  • カップヌードルミュージアム横浜入館料割引

\詳しくはこちら/

スポンサーリンク

東急線みなとみらいパスのよい点・いまいちな点

東急線みなとみらいパスのよい点・いまいちな点をまとめてみました。

東急線みなとみらいパスのよい点
  • 往復乗車するだけで元が取れる
  • 1年中発売している
東急線みなとみらいパスのいまいちな点
  • フリー区間が少ない

よい点、いまいちな点、ぞれぞれみていきますね。

東急線みなとみらいパスのよい点

往復乗車するだけで元が取れる

横浜~元町中華街を走る「みなとみらい線」の初乗り運賃が190円(ICカード183円)割高です。

例えば渋谷から元町中華街まで往復すると1.000円(ICカード972円)ですので、往復するだけで「東急線みなとみらいパス」を利用した方が100円以上おトクです。

1年中発売している

1年中発売しているので、観光だけでなく、ビジネスにも利用できます。

東急線みなとみらいパスのいまいちな点

フリー区間が少ない

きっぷの値段を考えると仕方ありませんが、フリー区間がみなとみらい線のみなのが少しいまいちなところです。

みなとみらい線沿線以外も回る場合は不向きなきっぷです。

東急線からみなとみらい・中華街に行くのにおすすめきっぷ

「東急線みなとみらいパス」は東急線からみなとみらいや馬車道、中華街に行くのに便利で、往復するだけで元が取れるきっぷです。

機会があれば「東急線みなとみらいパス」を利用してみてはいかがでしょうか。

他にも横浜観光で使えるおトクなきっぷ
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
おトクなきっぷ
スポンサーリンク
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました