鉄道旅行に持っていくバッグ~リュックorスーツケースどちらがおすすめ!?~

鉄道旅行におすすめなリユック旅コラム

皆さんは旅行でどんなバッグを使っていますか!?

スーツケース、ボストンバッグ、リュックといろいろありますね。

鉄道旅行では徒歩での移動が多いのでリュックがおすすめです。

リュックはいろんな種類・サイズがありますが、当記事では鉄道旅行でおすすめなリュックを紹介します。

参考にしてみてくださいね。

旅行で持っていくバッグの種類

旅行で持っていくバッグには大きく分けて「スーツケース」や「ボストンバッグ」、「リュックサック」の3タイプあります。

スーツケース

スーツケースは荷物を綺麗に詰めやすく、平坦な道なら転がせるというメリットがあります。
パソコンやスーツなども安心して収納できるのもよい点です。

その反面、列車の乗換えなど、階段の上り下りなどでは手で持たなければなりません。
スーツケース自体もかなり重く疲れます。また、混んでいる電車の中では邪魔になることも。

ボストンバッグ

ボストンバックは肩にかければ手が空き、バッグそのものが軽いので小回りが効くというメリットがあります。

ただ軽いが故に耐久性が低いのと片方の肩にかけるので体のゆがみが気になります。

リュックサック

リュックサックは両手が空くので機動性に優れています。多少重くても両肩で背負うので負担がかかりません。

列車を使った鉄道旅行では、スーツケースよりもリュックサックがおすすめです。街中を歩くときも荷物を預ける必要がありません。

ただ、混んでいる電車で背負って乗車すると、他のお客さんに迷惑になるので気を付けましょう。

旅行用のリュックサックのおすすめな容量・サイズ

リュックサックには10Lのミニリュックから登山やキャンプ向けの50~70Lクラスのバックパックまで多様なサイズがあります。

最近ではリュックサックも様々なデザインがあって、学生さんもおしゃれなリュックを背負っているのもよく見かけますね。

リュックサックのサイズは旅行の日数で使い分けるとよいでしょう。

リュックサックのおすすめサイズ・容量
  • 日帰り・1泊・・・20Lクラス
  • 2泊・3泊・・・30Lクラス
  • 1週間程度・・・45Lクラス

それぞれのサイズのおすすめなリュックを紹介します。

日帰り・1泊旅行におすすめなリュック(20Lクラス)

日帰りもしくは1泊程度なら、普段使いもできる20L前後のサイズがおすすめです。重くないので長時間歩いても疲れにくいです。

20Lサイズがよいのはちょっとした買い物など普段使いも可能で、小回りが利く点です。

コロンビア キャッスルロック20L

コロンビアの『キャッスルロック20L』は使い勝手のよいシンプルなデザインで旅行だけでなく、普段使いにもマッチしています。

2泊・3泊旅行におすすめなリュック(30Lクラス)

2泊・3泊程度の旅行の場合、20Lのリュックだと荷物が入りきれないこともあるかもしれません。余裕を見てワンサイズ上の30Lのリュックがおすすめです。

30Lのリュックはそこまで大きくなく、パソコンやタブレット、本なども余裕を持って入れられます。また、旅行以外にも通学や部活、ビジネスシーンなどたくさんの荷物を運ぶときにも使えます。

また、飛行機に乗る場合でも、30LサイズならLCCを含めて機内に持ち込みができるので、飛行機を降りたあとに荷物を待つ必要がありません。

ノースフェイス ボストーク 30L

ノースフェイスのボストークはシンプルなデザインで、旅行だけでなく普段使いもできます。

1週間程度の旅行におすすめなリュック(40〜45Lサイズ)

1週間程度と比較的長期間の旅行の場合、40~45Lの大容量のリュックサックがあれば衣類や旅行に必要なものを余裕で詰められます。

街中を歩くときはサブバッグが便利

40~45Lなど大型のリュックだと、街中を歩くのはちょっときついです。

ホテルやコインロッカーにリュックを預けて、サブバックとして小さめのショルダーバッグやヒップバッグを用意すると便利です。

ショルダーバッグ

ヒップバッグ

長期間の旅行なら宅配便の活用も

1週間ほどの旅行だと、旅先で購入したお土産や使わなくなった着替えで荷物がかさばるかもしれません。そんな時は宅配便を活用しましょう。

そうすれば荷物が軽くなるし、ワンサイズ小さいリュックでもいけます。

鉄道旅行におすすめなリュックまとめ

今回は鉄道旅行におすすめなリュックを紹介しました。

おすすめなリュックのサイズをまとめてみました。

おすすめなリュックサイズ(目安)
  • 日帰り・1泊・・・20Lクラス
  • 2泊・3泊・・・30Lクラス
  • 1週間以上・・・40~45Lクラス

ちなみに途中で洗濯をすれば持っていく服の量は減らせます。ビジネスホテルには洗濯機と乾燥機(コイン式)がある場合が多いですよ。

バッグ・リュック選びの参考にしてみてくださいね。

関連記事

列車旅におすすめな持ち物

国内旅行のおすすめガイドブック

旅コラム
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました