鉄道旅行・電車旅を快適にするためのおすすめな持ち物

鉄道旅行でおすすめな持ち物

青春18きっぷなどを使った鉄道旅行・電車旅をするのに何を持って行けばいいか、気になりますよね⁉

電車(列車)を使う鉄道旅行では乗換えや街中でかなり歩くので、荷物は少なめにするのが鉄則です。それでも快適な旅をするのに必要なものはあります。

当記事では鉄道旅行・電車旅におすすめな持ち物をピックアップしますので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

鉄道旅行・電車旅にはリュックがおすすめ

列車を使った鉄道旅行ではスーツケースよりもリュックがおすすめです。

旅行で多く使われるスーツケースは荷物を詰めるのは簡単ですし、平坦な道なら転がせて便利です。

その反面、列車の乗換えなどでは階段を使うことも多く、スーツケースの重さも加わって一苦労です。混んでいる通勤列車では邪魔になることも。

リュックだと両手が空いて、小回りも効くので動きやすいです。鉄道旅行におすすめなリュックは別記事「鉄道旅行に持っていくバッグ」で紹介しています。

スポンサーリンク

鉄道旅行・電車旅におすすめな持ち物6選

鉄道旅行をする上で、リュックの中に入れるべきものを6点ぼどリストアップしました。

  1. モバイルバッテリー
  2. 雨具(折り畳み傘・レインコート)
  3. 時刻表・ガイドブック
  4. カメラ
  5. マスク
  6. アメニティグッズ

それぞれ詳しくみていきましょう。

モバイルバッテリー

スマホで行先や交通手段を調べたりすると、バッテリーが少なくなることもよくあります。
特にスマホで写真を撮るとあっという間に電池切れ寸前に・・・。

モバイルバッテリーがあると、外出先で急に電池が切れても安心ですね。

モバイルバッテリーは数多く出ていますが、旅行や外出におすすめなものを2点ほど紹介します。

充電器一体型『Anker PowerCore Fusion 5000』

Anker PowerCore Fusion 5000」はモバイルバッテリーと充電器が一体となっています。充電器を持ち運ぶ必要がないので荷物を減らせます。

出力ポートはUSB-Aが2つあります。Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostによりフルスピード充電が可能です。

USB-C PDモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD Redux」

Anker PowerCore 10000 PD Redux」はUSB PD(USB Power Delivery)に対応したモバイルバッテリーです。バッテリー容量は10,000mAhで、多くのスマホで2回以上、タブレットで1回以上の充電が可能です。

「USB-C」と「USB-A」2種類のUSBポートがあるのでiPhone・iPadをはじめ、幅広いデバイスに対応しているのが特徴です。

大容量のバッテリーながら、サイズもコンパクトで、重さも約192gとスマホとそれほど変わらず、荷物がかさばる心配がありません。

USB-C PD対応の充電器は別売となっています。USB-Aの充電器でも充電できますが、USB-C PD充電器の方が速く充電できます。

雨具(折りたたみ傘・レインコート)

急な雨に備えて、折りたたみ傘やレインコートなど雨具は持って行きましょう。折りたたみ傘は軽くて撥水性のよいものを選ぶとよいでしょう。

風が強い時や吹雪の時はレインコートがあるとよいでしょう。

時刻表・ガイドブック

乗る列車を調べるのは基本的にはYahoo!乗換案内で事足ります。時刻表が読めなくてもそれほど問題ではありません。

Yahoo!乗換案内

Yahoo!乗換案内
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

ただ複雑な列車の乗継ぎを調べるときは時刻表があると便利です。時刻表は持ち運びやすいサイズの「JTBの小さな時刻表」や「コンパス時刻表」がおすすめです。

初めて行く場合、ガイドブックがあると、事前に観光スポットの場所や特徴を知ることできます。
電子書籍版ならば、スマホやタブレットなどにダウンロードしておくと荷物がかさばらずに済みます。

「ブック放題」なら『るるぶ情報版』が読み放題

JTBの旅行ガイドブック『るるぶ情報版』を電子書籍で読むなら「ブック放題」がおすすめです。

「ブック放題」は『るるぶ情報版』の最新号が47都道府県分100冊以上すべて読み放題です。

また、雑誌が700誌以上、マンガが40,000冊以上、マンガ雑誌80冊以上読み放題ですので、移動中の暇つぶしにも使えます。

料金は月額550円(税込)ですので、本の『るるぶ情報版』を1冊購入するよりも安く、しかも最新版は利用できます。

初めて利用される方は最初の1ヶ月は無料で利用できますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

カメラ

スマホのカメラも性能がよいですが、本格的な写真を撮影するなら一眼レフを持って行くと表現の幅が広がります。

僕はオリンパスのミラーレス一眼レフ「OM-D E M5 Mark II」を使っています。かなりコンパクトで軽量なので使い勝手がよいですよ。
現在は後継機として「OM-D E M5 Mark Ⅲ」が発売されています。

また、動画を撮影するなら「GoPro」などのアクションカメラを使うと、いろんな場所で撮影できます。

カメラの予備バッテリー

一眼レフカメラやGoProなどのアクションムービーカメラは1日中撮影していると途中でバッテリ―が少なくなって、最悪の場合、バッテリー切れになる場合も。

途中でバッテリーの充電ができないことも多いので、1日中持たせることを前提に予備のバッテリーを用意しましょう。

GoProやデジカメのレンタルならTavishotがおすすめ

「旅行先でGoProやデジカメを使って撮影したいけど、たまにしか使わないので買うのはもったいない。」そんな方にはカメラレンタルサービスの「Tavishot【タビショット】」がおすすめです。

GoProやデジカメ、360度カメラなど多くの種類のカメラがネットショッピング感覚で注文でき、受取日や時間、場所も細かく指定できます。
受取も返却も送料無料で、返却は返送日の24時までにお近くのコンビニなどに出すだけです。

全商品保証付きで、万が一破損しても免責上限1,000円で済むので安心して使えます。

詳しくはこちら

マスク

新型コロナウイルスの影響で日常的にマスクを使いますが、旅行中は使い捨てのものがおすすめです。個包装のマスクだと、持ち運びも便利ですよ。

アメニティグッズ

ビジネスホテルには一通りのアメニティーグッズは揃っていますが、こだわりのある方は普段使っているものを持って行きましょう。僕は歯ブラシと電気シェイバーを持っていくようにしています。

歯ブラシはGUMのトラベルセットなど、歯ブラシと歯磨きのセットがおすすめです。旅行の時だけでなく、普段のお出かけでも使えますよ。

ゲストハウスやユースホステスなどは石鹸やシャンプー、リンスがないところもあるので、その場合は自分で用意しておきましょう。

鉄道旅行・電車旅では履きなれた靴がおすすめ

鉄道旅行では乗換えたり、観光地を訪ねたりと歩く場面が多いので、靴は履き慣れたものがよいでしょう。

特に旅行中は普段よりも歩く距離が長くなるので、歩きやすいスニーカーがおすすめです。

僕のおすすめは『コンバースオールスターローカット』です。年齢や性別を問わずに幅広い層に支持されています。

コンバースオールスターにはくるぶし下で履き口がカットされている”ローカット”とくるぶしまですっぽり覆う”ハイカット“の2種類ありますが、ローカットの方が脱いだり履いたりが楽です!

鉄道旅行・電車旅を快適にするためのおすすめな持ち物まとめ

今回は鉄道旅行・電車旅に持っていくべき持ち物をまとめて紹介しました。最後におさらいです。

快適な鉄道旅行・電車旅の持ち物リスト
  1. リュック・ディバッグ
  2. モバイルバッテリー
  3. 雨具(折り畳み傘)
  4. 時刻表・ガイドブック
  5. カメラ
  6. マスク
  7. アメニティグッズ(必要に応じて)
  8. 履きなれた靴

今回紹介したものを持って行くと快適な鉄道旅行ができるはずです。是非参考にしてみてくださいね。

おすすめ宿泊予約サイト

楽天トラベル

ホテル・旅館をはじめ、高速バス・レンタカーなど予約ができます。
おトクなクーポンが数多く配布!楽天スーパーポイントも貯まります。
JAL楽パック、ANA楽パックはマイルが貯まるツアーもあります。

じゃらんnet

日本最大級の宿泊予約サイトで26,000以上のホテルや温泉宿のネット予約が可能
ビジネスホテルからリゾートホテルまで数多くのホテルまで数多くあります。
全国旅行支援クーポンを使うと宿泊料金が最大20%OFFに!
また、予約プランに応じてdポイントやPontaポイントが貯まります。

るるぶトラベル

ビジネスホテルから高級旅館まで約17,500件の宿泊施設の予約が可能なるるぶトラベル。
気になるホテルも簡単比較できます。
全国旅行支援で最大20%OFF!さらにJTBトラベルポイントが貯まります。

タイトルとURLをコピーしました