日本旅行 新幹線+宿泊セットプランの特徴・注意点・予約方法【1人でも利用可能】

日本旅行新幹線ホテルプラン

出張や旅行の時は、往復の新幹線のチケットとホテルを別々に予約するのは手間がかかり、意外と値段もかかりますよね!?

また、新幹線とホテルのセットのプランって2人からのものが多いですよね!?

そんなときにおすすめなのは1人から申し込める日本旅行の「新幹線+宿泊セットプラン」がおすすめです!

当記事では以下の内容をメインに解説していきます。

  • JR・新幹線+宿泊プランの特徴
  • JR・新幹線+宿泊プランの予約・申込方法

Go Toトラベルの対象プランですので、今ならおトクに利用できますよ!

スポンサーリンク

日本旅行JR・新幹線+宿泊プランの特徴

画像引用:日本旅行ホームページ

日本旅行 JR・新幹線+宿泊プランには次の特徴があります。

日本旅行JR・新幹線+宿泊プランの特徴
  • 1人利用から家族旅行まで対応
  • 1泊3日、1泊4日なども可能
  • 5泊6日まで宿泊予約が簡単にできる
  • 旅行日数は最大14日まで可能
  • 予約は出発前日まで可能
  • 新幹線の便を自由に選べる
  • 追加料金を支払えばグリーン車も選べる

それぞれ詳しくみていきましょう。

1人利用から家族旅行まで対応

新幹線や飛行機とホテルのセットプランは最低2人からが多いですよね!?

「JR・新幹線+宿泊プラン」なら1人利用のプランも充実していて、1人利用でもそれほど高くありません。

もちろん3~4人で1室のプランも選べますので、新幹線を使った家族旅行にもおすすめです。

\1人でも利用できるプラン充実/

1泊3日、1泊4日なども可能

「JR・新幹線+宿泊プラン」は1泊目(出発日)のホテルを新幹線と同時予約して、帰りの新幹線の日付を変えれば、1泊3日や1泊4日などの飛び泊予約もできます。

2日目以降は別のホテルに泊まったり、知人の家に泊まったりすることもできるので旅行の幅が広がりますね。

1泊3日などの飛び泊予約の場合でも、1泊2日の料金と変わらないケースが多いです。

5泊6日まで宿泊予約が簡単にできる

長めの出張や同じ場所に長期間滞在する旅行などで同じホテルに3泊以上宿泊する場合もあるかもしれません。

その場合でも、新幹線で帰る日と宿泊日数を変更することで最大で5泊6日が簡単に予約できます。

旅行日数は最大14日まで可能

旅行日数は帰りの日付を予約サイト内のプルダウンで選択することで最大で14日間まで予約できます。

※プランによっては旅行日数・宿泊日数が異なる場合がありますのでプラン詳細ページから確認するようにしましょう。

\宿泊日数・旅行日数は自由自在/

予約は出発前日まで可能

予約は最短で前日までできますので、急な出張や思い立って出かける週末旅行などでも使えます。(指定席券売機で受け取るJRセットプラン パッと乗レールを利用した場合)

JRセットプラン パッと乗レールとは

2020年10月1日から始まった日本旅行のJRセットプラン向けの新サービスで、駅にある指定席券売機でチケットの受取やシートマップでの座席指定などが可能なサービスです。

>>JRセットプラン パッと乗レール

新幹線の便を自由に選べる

「日本旅行 JR・新幹線+宿泊プラン」 の場合、往路・復路とも、多くの新幹線から選べますので、時間帯を気にせずに利用できます。

新幹線ごとに選べる種別が異なります。東京駅を発着する新幹線だと以下の通りです。

東海道・山陽新幹線

東海道・山陽新幹線の場合は「のぞみ」・「ひかり」・「こだま」から選べます。

東京・品川・新横浜駅から名古屋・新大阪へ速く快適に行きたければ「のぞみ」号を、安く行きたければ「こだま」号を選ぶとよいでしょう。

参考までに東京駅からの名古屋、新大阪までの最速での所要時間を載せます。

東京駅からの所要時間
(最速列車)
のぞみひかりこだま
名古屋まで1時間34分1時間43分2時間43分
新大阪まで2時間22分2時間42分3時間57分

東北・北海道新幹線

東北・北海道新幹線の場合、目的地がよって選べる列車が異なります。

例えば仙台、盛岡、新青森・新函館北斗では次の通りです。

行き先選べる列車種別
仙台やまびこ号
盛岡はやぶさ・やまびこ号
新青森・新函館北斗はやぶさ号

行先が盛岡の場合、早く行きたい場合は「はやぶさ号」、少しでも安く行きたい場合は「やまびこ号」をおすすめします。

上越・北陸新幹線

上越新幹線はほぼすべての列車から選べます。
上越新幹線ではオール2階建て新幹線「Max」が運行していて、1階席・2階席の指定もできます。

北陸新幹線は長野までだと「はくたか号」か「あさま号」、富山・金沢までだと最速達の「かがやき号」か「はくたか号」が選べます。

追加料金を支払えばグリーン車も選べる

追加料金を支払えば普通席よりもゆったり快適な座席グリーン車にも乗れます。

例えば大阪発東京行きの場合、普通席料金+1,500円~乗車できます。

スポンサーリンク

日本旅行 JR・新幹線+宿泊セットプランの値段

日本旅行 JR・新幹線+宿泊プランを使うと実際どれだけおトクになるのか気になりますよね!?

今回は東京駅から名古屋駅まで東海道新幹線で往復した場合で比較してみます。

今回の条件

出発日:2020年10月18日(日)
宿泊:1泊2日
利用区間:東京~名古屋(普通車指定席)
旅行人数:1人
食事なし(素泊まり)プラン
宿泊地:名古屋市内

検索してみると、90件余りヒットしました。

「日本旅行 JR・新幹線+宿泊セットプラン」ではリーズナブルなホテルから高級ホテルまで様々なホテルが選べます。

選べるホテル(名古屋市内)一例
  • チサンイン名古屋
  • 名古屋栄東急REIホテル
  • 名古屋マリオットアソシアホテル など

ちなみに東海道新幹線の普通車指定席料金(通常期)は次のとおりです。

東京⇔名古屋(通常料金)

のぞみ号往復 11,300円×2=22,620円

ひかり・こだま号往復11,090円×2=22,180円

検索した中で安いホテルだと、20,000円以下のプランもあります。

往復の新幹線料金よりも安く、更にホテル1泊がついてきます!

日本旅行 JR・新幹線+宿泊プランの予約・購入方法

JR・新幹線+宿泊プランは日本旅行ホームページから申し込みできます。

予約・購入の流れは以下の通りです。

予約・購入の流れ
  1. 出発地・到着地・出発日などを選択
  2. ホテルを選択
  3. 旅行期間・宿泊期間を選択
  4. 出発駅・到着駅・乗車する列車を選択
  5. 入力内容を確認
  6. 個人情報・支払い方法を入力

乗車する新幹線の列車選択は第3希望まで選択可能

列車選択の画面で、往路・復路とも第1希望から第3希望まで希望列車を選択できます。

申込みしてから3日以内に「日本旅行のマイページ」と「メール」で回答があります。

(復路出発日が1か月以上先の場合は、JRのきっぷが発売日(乗車日の1か月前)から3日以内の回答があります。)

支払い方法はクレジットカードか銀行振込

旅行代金の支払いはクレジットカードか銀行振込のいずれかを選べます。

クレジットカードをお持ちでなくても、銀行振込でも支払い可能です。

日本旅行 JR・新幹線+宿泊セットプランを利用する際の注意点

「日本旅行 JR・新幹線+宿泊プラン」を利用するのにいくつか注意点があります。

注意点
  • 途中下車はできない
  • 申込後の予約変更はキャンセルして再予約

途中下車はできない

途中下車するとその時点できっぷは無効になるので注意が必要です。

申込後の予約変更はキャンセルして再予約

「日本旅行 JR・新幹線+宿泊プラン 」の申込後の予約変更はできません。

一度予約を取消して、新たに申し込む必要があります。

出発20日前以降はキャンセル料がかかりますので注意が必要です。

新幹線+宿泊セットプランは出張・観光・イベント参加におすすめ

「日本旅行新幹線+宿泊プラン」は新幹線を使った出張はもちろんのこと、各地での観光やスポーツ観戦やコンサートなど様々なイベントに参加される際の前泊・後泊におすすめです。

新幹線とホテルをまとめて予約したい方は「 日本旅行の新幹線+宿泊セットプラン」を検討してみてはいかがでしょうか。

\出張・観光・イベント参加におすすめ/

タイトルとURLをコピーしました