国内旅行のおすすめガイドブックを紹介【るるぶ・まっぷるなど】

国内旅行ガイドブック旅コラム

旅行の計画を立てる時、ガイドブックを見ながら旅の計画を立てるのはいいですよね!?

ガイドブックには「るるぶ 情報版」みたいな雑誌サイズから「たびまる」のように旅先でも持ち運びしやすいコンパクトサイズまで実に様々ものがあります。

旅行ガイドブックは多く出回っていて、どれにしようか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は僕が気になった国内旅行ガイドブックを4種類紹介します。

るるぶ情報版(JTB)

るるぶ情報版

るるぶ 情報版」は国内旅行のガイドブックの中で真っ先に浮かぶものではないかと思います。

書店をはじめコンビニなどにも置いてあり、購入、立ち読みされた方も多いでしょう。

「るるぶ」全体的にポップな感じ

「るるぶ」は表紙もそうですが、中身も全体的にポップな感じなので、見ているだけで楽しくなってきます。

グルメやショッピングの情報も充実していて、行ってみたい観光地のイメージがつかみやすいです。初めて行く旅行先のことを知りたい方におすすめな一冊です。

るるぶ情報版には温泉やアウトドアなどテーマ別の書籍も

るるぶは各地域別の書籍の他、温泉やアウトドア、スポーツ、テーマパークといったテーマごとにまとめられたのもあります。

ドライブ旅行にクローズアップしたものもあります。

まっぷるマガジン(昭文社)

まっぷるマガジン

まっぷるマガジン」は昭文社から発行されている各観光地ごとに紹介している旅行ガイドブックです。先ほど紹介した「るるぶ」と同じく雑誌スタイルになっています。

「まっぷるマガジン」には読者限定での無料で利用できるアプリ「まっぷるリンク」があります。

「まっぷるリンク」は付録のQRコードを読み込むと、「まっぷるマガジン」の全ページが電子書籍で読むことができます。お出かけ中はアプリを使えば本を持ち歩かずに済みますね。

「るるぶ情報版」と「まっぷるマガジン」の違い

「るるぶ情報版」と「まっぷるマガジン」のどちらも雑誌感覚で見られて、表紙も中身も似ていますね。

よく見てみると「るるぶ」と「まっぷる」では多少違います。

るるぶとまっぷるの違い

るるぶ:初めて行く場所でも観光地の様子がわかりやすい

まっぷる:マイナーな観光地の情報も充実している

「るるぶ」・「まっぷる」とも読みやすいので、気にいった方を選ぶとよいでしょう。

たびまる(昭文社)

たびまる

たびまる」はコンパクトなガイドブックで全体的にカラフルで若者向けな感じがします。

「たびまる」の特徴は巻頭に初めての旅でも観光地のイメージがわくよう、観光スポット、グルメ、アクティビティ、お土産がランキング形式で紹介されています。
また、モデルプランもいくつか載っているので、初めての方でも旅の計画が立てやすい工夫がされています。

ただ発売が2015年8月ですので、情報は少し古めです。

楽楽(JTB)

JTB楽楽

楽楽」はJTBが発行しているハンディータイプのガイドブックです。

写真は多めで、中身も落ち着いた感じなので、幅広い世代向けです。

また「楽楽」は情報量も豊富ですので、1度行ったことのある観光地でも行ってみたい場所も出てくるはずです。

ホテルをネット予約するならクーポンをチェック

ホテル

予約サイトのじゃらんnet楽天トラベルるるぶなどでは予約時に使える割引クーポンを配布している場合があります。
予約する前に割引クーポンチェックしてください!各社のクーポンページに下記にリンクがあります。

国内旅行ガイドブックのまとめ

今回は国内旅行のおすすめガイドブックを紹介してきました。

最後に今回紹介した旅行ガイドブックの特徴をおさらいしてみましょう。

  • るるぶ 情報版→観光地のイメージがわきやすい1冊
  • まっぷる→書籍を購入すると無料アプリで電子書籍が読める
  • たびまる→手軽に読めるサイズで、ポップな感じが強い。
  • 楽楽→写真が多めで、中身は落ちついた感じで幅広い世代に合う1冊

ネットで旅行先の情報を探すのもいいですが、旅行ガイドブックを見ると新たな発見があるかもしれません。旅行ガイド選びの参考になれば幸いです。

旅コラム
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました