都電にも都バスにも乗れる「都営まるごときっぷ」の使い方

おトクなきっぷ

「都営まるごときっぷ」は都営地下鉄はもちろんのこと、都電や都営バス、さらに日暮里舎人ライナーまで乗れる便利なきっぷです。

都営地下鉄だけだと行ける範囲が限られますが、都営バス・都電などを使うと東京23区の多くのエリアに行けます。

当記事は「都営まるごときっぷ」の使い方やお得になるケースを紹介します。

ぜひ東京散策の参考にしてみてくださいね。

都営まるごときっぷ

都営まるごときっぷ

「都営まるごときっぷ」は、都営地下鉄、都電、都バス、日暮里舎人ライナーが1日乗り放題になるきっぷです。観光だけでなく、ビジネスなど様々なシーンで使えます。

都営まるごときっぷ 利用可能な路線
  • 都営地下鉄全線
  • 都電荒川線
  • 日暮里舎人ライナー
  • 都営バス
    (深夜バスの場合、普通運賃との差額が必要)

東京メトロ・JR線などには乗車できませんが、それぞれの路線でフリーきっぷがあります。詳しくは下記リンクの記事で書いていますので、よろしければお読みください。

東京メトロ・JRのフリーきっぷ

都営まるごときっぷ 発売場所

都営地下鉄自動券売機

都営まるごときっぷは前売り券と当日券があります。当日券は都営地下鉄や日暮里・舎人ライナーの自動券売機で手軽に購入できます。

前売り券
  • 都営地下鉄各駅(一部を除く)の窓口
  • 都バス営業所・支所
  • 荒川電車営業所
  • 三ノ輪橋おもいで館
  • 都営交通定期券発売所(一部を除く)
当日券
  • 都営地下鉄各駅の自動券売機
  • 都バス・都電の車内
  • 日暮里・舎人ライナー各駅の自動券売機

値段

大人700円 小児350円

有効期間

前売り券:発売日から6か月以内の1日限り
当日売り:発売当日限り
(午前0時から午前4時までの間は前日の乗車券も利用可能)

都営まるごときっぷはPASMOにも対応

PASMO版都営まるごときっぷ

都営まるごときっぷはPASMOにも対応しています。

改札での出入りがスムーズになるほか、対象区間外での駅で下車する場合もPASMOの残高で自動精算されて便利です。

PASMO版発売場所
  • 都営地下鉄及び日暮里・舎人ライナーの定期券発売機
    ※押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅及び新宿線新宿駅を除く
  • 上野御徒町駅ツーリストインフォメーションセンター
    ※PASMOをお持ちの方に限る
PASMO版「都営まるごときっぷ」の注意点
  1. SuicaなどPASMO以外のIC乗車券に対応していない
  2. 都バス・都営荒川線では発売されていない

都営まるごときっぷ 特典ガイド「ちかとく」

ちかとく
画像引用:ちかとく公式サイト

都営まるごときっぷを対象の施設・店舗で見せると、割引やプレゼントを受けられます。対象施設での特典内容は、ガイドブック「ちかとく」にまとめています。

詳しくはこちら

都営まるごときっぷの使い方

都営地下鉄改札口

都営まるごときっぷの使い方は「都営地下鉄・日暮里舎人ライナー」と「都バス・都電荒川線」で異なります。

都営地下鉄・日暮里舎人ライナー

日暮里舎人ライナー

都営地下鉄・日暮里舎人ライナーは乗り降りする際にきっぷを自動改札に通すだけです。

前売り券は使い始める時に日付が印字されます。

都バス・都電荒川線

都電荒川線

都バス、都電荒川線は、前乗りで、乗る時に料金を支払います。

「都営まるごときっぷ」の場合、乗る時に運転手さんにみせるだけでOKです。
前売り券の場合、初回乗車時のみ料金機に通す必要があります。

降りるときは停留場(バス停)に近づいたら、「降車ボタン」を押して、後扉から下車します。

都営まるごときっぷでお得になるケース

都営まるごときっぷを使うとおトクなケースをいくつか紹介します。

都営まるごときっぷでおトクになるケース
  1. 都バスを1日に4回以上乗る場合
  2. 日暮里舎人ライナーを3~5回以上乗る場合
  3. 都営地下鉄で21キロを超える区間を往復する場合

それぞれ詳しくみていきます。

1.都バスを1日に4回以上乗る場合

都バスは1回の乗車で現金・ ICカードともに210円です。(東京23区の場合)

4回乗ると合計で840円かかりますので、それだけで140円お得になります。

2.日暮里舎人ライナーを3~5回以上乗る場合

日暮里舎人ライナーの運賃は170円~330円と距離の割に高いです。

3キロ~4キロの運賃が240円ですので、多くの場合は日暮里舎人ライナーに3、4回乗れば元が取れます。

3.都営地下鉄で21キロを超える区間を往復する場合

都営地下鉄の22キロ~27キロの運賃がきっぷが380円、ICカードが377円です。

往復するときっぷが760円、ICカードが754円ですので、往復するたけで元が取れます。

「都営まるごときっぷ」の使い方|まとめ

都営まるごときっぷは都バスなども使えるので、JRや東京メトロで行けないお台場エリアなどにも行けます。

都営まるごときっぷがおすすめなケース
  • 都営地下鉄と都バスの両方使う場合
  • 日暮里舎人ライナーを多く使う場合

「都営まるごときっぷ」は当日でも購入できますので、上手に活用しましょう。

その他の関連記事

東京メトロ24時間券

東京メトロ・都営地下鉄1日乗車券

おトクなきっぷ
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました