東京メトロ24時間券の使い方~時間帯を選べば2日間使える~

東京メトロ24時間券の使い方おトクなきっぷ

多くの鉄道会社では1日乗車券が売られていますが、午後からだと使いにくいことありますよね!?

「東京メトロ24時間券」は初回入場から24時間以内なら何度でも使え、午後から使う場合、翌日の昼まで使えるんです。

しかも、大人600円で東京メトロ全線乗り放題なのでかなりおトクなきっぷです。

というわけで、当記事では次の内容をメインに紹介します。

  • 東京メトロ24時間券の料金・販売場所・特典
  • 東京メトロ24時間券でおトクになるケース

東京メトロを利用される際の参考になれば幸いです。

東京メトロ24時間券とは

東京メトロ24時間券

まずはじめに「東京メトロ24時間券」について詳しく取り上げます。

ちなみに「東京メトロ24時間券」の有効時間は最初に自動改札機に通した時に印字されます。

東京メトロ24時間券 利用可能な路線

東京メトロ全線
都営地下鉄は使えません

東京メトロ・都営地下鉄の両方使う場合には 「東京メトロ・都営地下鉄一日乗車券(900円)」 がおすすめです。

販売場所

前売り券東京メトロ定期券うりば
(中野駅・西船橋駅・渋谷駅<副都心線>は除く)
当日券: 東京メトロ線各駅の券売機

有効期間

前売り券: 発売日から6か月以内の1日において、使用開始から24時間に限り有効
当日券使用開始から24時間に限り有効
当日券は終電までに使用開始しないと無効になるのでご注意ください。

値段

大人600円 小児300円

PASMOの東京メトロ24時間券は乗り越し精算がスムーズ

2東京メトロ24時間券の他に、PASMOでも利用可能です。

PASMOだと区間外へ乗り越しする場合でも、PASMOの残額から自動精算されて便利です。

※PASMOの「東京メトロ24時間券」は購入時刻から24時間有効です。磁気券とは違い、最初に入場した時からではありませんので注意が必要です。

私鉄沿線から東京メトロへは「東京メトロパス」がおすすめ

東京メトロ日比谷線

東急や小田急などの私鉄各線から東京都内を東京メトロを使って日帰りでまわる場合、「東京メトロパス」を利用すると更におトクです。

東京メトロパスは東京メトロと相互乗り入れしている私鉄で発売しています。

東京メトロ24時間券 特典「ちかとく」

ちかとく

東京メトロ24時間券」を対象の施設・店舗で見せると、割引を受けたり、プレゼントを受けたりできます。

東京メトロ・都営地下鉄沿線に340以上もの対象スポットがあります。

対象施設の特典内容は、ガイドブック・ホームページ「ちかとく」にまとめています。

東京メトロ24時間券でおトクになるケース

「東京メトロ24時間券」を使うとおトクなケースを紹介します。

1、24時間以内に東京メトロを4回以上乗る場合

東京メトロの初乗り運賃が170円(ICカード168円)なので、4回乗ると、680円(ICカード672円)でもとが取れます。

2、28kmを超える区間を往復する場合

28 km~41 kmの運賃が320円(ICカード314円)ですので往復するだけでもとが取れます。

東京メトロ公式HP「東京メトロ24時間券」活用術

東京メトロのホームページを見たら「東京メトロ24時間券」の活用術が書いてありました。
「ビジネス編」、「御朱印編」、「スイーツ編」、「ベーカリー編」、「文豪ゆかりの地」の5ケースが書かれていました。

\詳しくはこちら/

東京メトロ24時間券は使い方まとめ

東京メトロ

今回は「東京メトロ24時間券」を紹介しました。

最後に「東京メトロ24時間券」は次の方におすすめです。

東京メトロ24時間券をおすすめしたい方
  • 東京23区内へ1泊2日の出張や観光で来られる方
  • 24時間以内に何度も東京メトロを乗り降りする方
  • 東京23区内の博物館や美術館を巡る方
    (ちかとくでの割引や特典あり)

東京メトロを多く利用される方は「東京メトロ24時間券」を使ってみましょう。

▼東京散策におすすめなガイドブック▼

東京23区内で使えるおトクなきっぷ

おトクなきっぷ
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました