【PR】記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります。
PR

特急「おおぞら」の停車駅・料金・特急券の買い方【安く乗る方法も】

特急おおぞら

本ページのリンクにはプロモーション・広告が含まれています。

札幌~釧路間の移動は、JRの特急「おおぞら」もしくは高速バスを利用する方は多いのではないでしょうか。

当記事では特急「おおぞら」について

  • 特急「おおぞら」の停車駅・車両
  • 特急「おおぞら」の料金・特急券の買い方
  • 特急「おおぞら」の安く乗る方法
  • 特急「おおぞら」の乗車レポート

を紹介します。

特急「おおぞら」に乗車される際にぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

特急「おおぞら」とは

特急「おおぞら」

特急「おおぞら」は札幌〜釧路間約350kmをむすぶ特急列車で、千歳線、石勝線、根室本線を経由します。
途中、帯広、トマム、南千歳などを通ります。

運行本数は1日6往復運行で、所要時間は札幌〜釧路間で約4時間〜4時間20分です。

車両はJR北海道の主力特急車両キハ261系が使われています。

特急「おおぞら」の停車駅

特急「おおぞら」の停車駅は札幌、新札幌、南千歳、追分、新夕張占冠しむかっぷ、トマム、新得、十勝清水、芽室、帯広、池田、浦幌、白糠、釧路です。

スポンサーリンク

特急「おおぞら」の料金

特急「おおぞら」の料金

特急「おおぞら」は乗車券の他に特急券が必要です。

特急「おおぞら」の料金は以下の通りです。
(乗車券込みの大人料金です)

区間自由席指定席
札幌~トマム5,020円5,550円
札幌~帯広7,260円7,790円
札幌~釧路9,460円9,990円

特急「おおぞら」の特急券の買い方

特急「おおぞら」の特急券の買い方

特急「おおぞら」の乗車券・特急券は乗車日の1ヶ月前から以下の場所で予約・購入できます。

  • みどりの窓口(JR)
  • 指定席券売機
  • インターネット予約サービス
    えきねっと

「えきねっと」を使うと駅に行かずにきっぷが予約・購入できて、受取も指定席券売機もしくはみどりの窓口でできます。

また、シートマップを使った座席指定も可能です。

特急「おおぞら」に安く乗る方法

特急「おおぞら」に安く乗る方法

特急「おおぞら」に安く乗る方法として、次の割引きっぷがあります。

  • えきねっとトクだ値
  • 乗車券往復割引きっぷ

それぞれ詳しくみてみましょう。

えきねっとトクだ値

「えきねっとトクだ値」はJR東日本のインターネット予約サイト「えきねっと」限定の割引きっぷです。

えきねっとトクだ値」を利用すると当日の1:50までの申込みで乗車券と指定席特急券の料金が15%~40%OFFとなります。

また、期間限定で13日前の1:50まで申込みで55%OFFになる「お先にトクだ値」もあります。
(2024年2月現在、発売されていません)

座席数に限りがあるので、申込期限の前に売り切れる場合もあります。

えきねっとトクだ値の設定区間

えきねっとトクだ値は「札幌駅〜釧路駅」の区間などで設定があります。

【設定区間】
※列車により割引率が異なります。

設定区間トクだ値15トクだ値40
札幌・新札幌⇔帯広
(札幌市内)
大人6,610円
小児3,290円
大人4,670円
小児2,330円
南千歳⇔帯広大人5,400円
小児2,680円
大人3,800円
小児1,890円
札幌・新札幌⇔釧路
(札幌市内)
大人8,480円
小児4,230円
大人5,990円
小児2,980円
南千歳⇔釧路大人8,010円
小児4,000円
大人5,660円
小児2,810円
申込&詳細はこちら!

乗車券往復割引きっぷ(別に特急券が必要)

「乗車券往復割引きっぷ」は往復の利用で使える乗車券タイプのきっぷです。
特急券を別に買うことで、特急「おおぞら」に乗車できます。

特急券は自由席も指定席もグリーン車も使えますので、片道普通車自由席、片道グリーン車という使い方もできます。

ただ、途中下車はできませんので注意が必要です。
(途中下車するとその時点できっぷが無効となります)

乗車券往復割引きっぷ設定区間

出発駅到着駅
札幌市内帯広・池田
釧路・根室
札幌十勝清水・新得

「札幌市内」と書いてあるきっぷは札幌市内にあるどの駅から乗っても(降りても)OKです。

発売期間

2024年3月10日まで
(有効期間開始日の1ヶ月前から当日まで購入可能)

利用期間

2024年3月15日まで
(利用期間の制限はありません)

主な区間の乗車券往復割引きっぷの料金

区間発売金額
(往復)
有効期間
札幌市内⇔帯広大人8,010円
小児4,000円
6日間
札幌市内⇔釧路大人11,590円
小児5,790円
6日間
その他の区間の料金はこちら!

北海道の宿泊施設の予約はネット予約サイトがおすすめ

北海道をじっくり観光するならホテルや温泉宿に宿泊するのもよいかと思います。

北海道のホテルや宿はクーポンが使える楽天トラベルなどの予約サイトがおすすめです!

北海道の宿泊施設を探す

特急「おおぞら」乗車レポート

特急おおぞら

今回は特急おおぞら4号で釧路駅から札幌駅まで乗車しました。
(2022年5月に乗車したときのものです。)

特急「おおぞら」で使われている車両はJR北海道の特急主力車両のキハ261系です。
以前はキハ283系も使われていましたが、2022年3月からはキハ261系に統一されています。

乗車したのが平日ということもあってか、自由席でもそれほど混んでいませんでした。むしろ指定席は窓側がすべて埋まっていました。

釧路駅を出発すると特急おおぞら4号は池田駅まで約100㎞を約1時間15分、ノンストップで運行していて、北海道の広さを改めて感じました。

釧路駅を出てしばらくすると、海が見えてきました。大楽毛おたのしけ~厚内間は太平洋に沿ってを走ります。

帯広駅に近づくと急に高架化+市街地のエリアに入りました。帯広駅では乗り降りがやや多めでした。

帯広駅を出て、芽室駅過ぎると徐々に山岳地帯に入り、日高山脈が見えてきました。

新得駅を出るとスキー場が見え、さらに進むと長大トンネルが続きます。

ちなみに新得駅~新夕張駅間は特急列車のみで、普通列車が走っていない区間です。
その区間は特例で、乗車券や青春18きっぷなどでも普通車自由席に乗車できます。
(区間を超えて乗車すると利用した全区間所定の運賃・特急料金がかかります)

南千歳駅を過ぎてしばらくすると、2023年から北海道日本ハムファイターズの本拠地となる「エスコンフィールド北海道」の横を通過します。
2022年5月時点で、外観はほぼ出来上がっていました。

特急おおぞら札幌駅到着

札幌駅へは定刻通り到着しました。札幌駅到着後、回送列車となりました。

特急「おおぞら」停車駅・予約方法・料金・乗車記まとめ

特急おおぞら

今回は札幌〜釧路間を走る特急「おおぞら」の停車駅・予約方法・安く乗る方法などを紹介しました。

特急「おおぞら」まとめ
  • 札幌〜釧路間をむすぶ特急列車
  • 車両はキハ261系
  • えきねっとトクだ値や乗車券往復割引きっぷで安く乗車できる

特急「おおぞら」に乗車される際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

また、他にも北海道の特急列車の乗車記がありますので、あわせて見てくださいね。

特急「北斗」(函館〜札幌)

特急「ライラック」・「カムイ」(札幌〜旭川)

タイトルとURLをコピーしました