【成田空港行きLCCバス】エアポートバス東京・成田乗り方・乗車レポート

エアポートバス東京・成田列車・バス乗車記

東京都心から成田空港はJR・京成・バスなど多くの交通手段がありますが、バスで安く行くならLCCバスの「エアポートバス東京・成田(AIRPORT BUS TYO-NRT)」がおすすめです。

LCCバスは値段は安いですが、サービスや車内設備が気になりますよね⁉

当記事では東京駅~成田空港をむすぶLCCバス「エアポートバス東京・成田」の乗り方と実際に乗車してみた感想など紹介します。

スポンサーリンク

エアポートバス東京・成田とは

エアポートバス東京・成田

「エアポートバス東京・成田」は東京駅・銀座駅〜成田空港の各ターミナルを結ぶ空港連絡バスです。

2022年5月現在、成田空港行きのバスは全便事前予約が必要ない自由席便で運行しています。

成田空港→東京駅のバスの場合、成田空港の各ターミナルにある乗車券販売カウンターで時間指定の乗車券を購入してからの乗車となります。(2022年5月現在)

成田空港には3つのターミナルがあり、東京駅からの所要時間は第3ターミナルまで約62分、第2ターミナルまで約65分、第1ターミナルまで約70分です。

どのターミナルに行ったらいいかは、あらかじめ確認しておきましょう。

航空会社案内(成田国際空港ホームページ)

エアポートバス東京・成田の運行会社

エアポートバス東京・成田は京成グループとJRバス関東、ビィートランセグループの共同運行です。
運行会社はエアポートバス東京・成田のホームページから確認できます。

エアポートバス東京・成田の乗り方・運賃・バスのりば

「エアポートバス東京・成田」は大人1,300円、小学生650円で乗車できます。

成田空港行きの場合、バスの運賃は現金もしくはSuicaなどの交通系ICカードで乗車方法が異なります。

種別支払い方法
現金「JR高速バスきっぷ売り場」で
乗車券を購入
交通系ICカード乗車時にバスの
カードリーダーにタッチ
※窓口営業時間外の場合、バス車内で支払い

バスのりばは東京駅八重洲南口にあるJR高速バスターミナルの7番・8番のりばです。

エアポートバス東京・成田に乗車してみた

エアポートバス東京・成田

今回は、東京駅〜成田空港第1ターミナルを乗車してみました。今回のバスはビィートランセグループの西岬観光の車両でした。
朝8時台に乗車しましたが、ガラガラでした。東京駅からの乗車人数は7人と少なめです。

エアポートバス東京・成田の車内

今回乗車したバスの座席は2-2の横4列シート、縦11列で足元は比較的余裕がありました。座席の最後部にトイレもついていたので、万が一のときも安心です。(トイレがついていない車両の場合もあります)

また、全席にドリンクホルダーとサイドにUSB端子(Type-A)があります。また、フリーWi-Fiも利用できます。

成田空港第3ターミナルへは予定よりも早くわずか55分で着きました。第3ターミナルはジェットスターとスプリングジャパンなどのLCCが発着しています。

第3ターミナルの次は第2ターミナル、第1ターミナルの順に停車しました。

エアポートバス東京・成田に乗車した感想

エアポートバス東京・成田は1,300円で乗り換えなしで座っていけて便利でした。
今回乗車したビィートランセグループのバスは縦11列のトイレ付きの車両でした。荷物もトランクに預けることができます。

平日の朝に乗車したので空いていたのかもしれませんが、時間帯によって混雑する場合もあります。成田空港に行かれる場合は、時間に余裕をもっていった方がいいかもしれません。

エアポートバス東京・成田(東京駅~成田空港)まとめ

今回は、東京~成田空港間のLCCバス「エアポートバス東京・成田」に乗車してみました。

今回は乗っている人数も少なく、道路も渋滞がなかったので、快適に成田空港まで行けました。
値段も1,300円と京成のアクセス特急やJRの快速列車とほぼ同じ値段でよかったです。

渋滞が発生すると遅延するリスクはありますが、東京駅から成田空港安く快適に移動するならば「エアポートバス東京・成田」がおすすめですよ。

列車・バス乗車記
スポンサーリンク
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました