【2022-2023年版】首都圏週末フリー乗車券の特徴・買い方・使い方

首都圏週末フリー乗車券おトクなきっぷ

土日限定でJR東日本エリアの各地から首都圏へ安く行ける「首都圏週末フリー乗車券」があります。

「首都圏週末フリー乗車券」は東京フリーエリアで乗り降り自由な乗車券がセットになっているので、東京近郊のJR線を利用される方におすすめです。

当記事ではJR東日本の「首都圏週末フリー乗車券」の使い方・買い方を解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

首都圏週末フリー乗車券とは

「首都圏週末フリー乗車券」は週末に使える東京近郊のフリーエリアへの往復乗車券と東京フリーエリア内のフリー乗車券がセットになったきっぷです。

「首都圏週末フリー乗車券」の内容
  • ゆき券」・・・東京フリーエリア内への往路のきっぷ
  • かえり券」・・・東京フリーエリア内のフリー乗車券+復路のきっぷ

特急券を購入すれば、新幹線や特急列車も使えます。ちなみにフリーエリアまでの往復の行程では途中下車はできません。

特急券は駅にある指定席券売機やみどりの窓口でも購入できますが、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」でも購入できます。

首都圏週末フリー乗車券のフリーエリア

フリーエリアは東京・神奈川・埼玉・千葉の多くのエリアのJR線を網羅しています。

また東京モノレールとりんかい線(東京臨海高速鉄道)もフリーエリアなので、羽田空港や東京ビックサイトへも「首都圏週末フリー乗車券のフリーエリア」1枚で行けます。

首都圏週末フリー乗車券で行ける主な場所
  • 鎌倉
  • 横須賀
  • 海浜幕張
    (幕張メッセ)
  • さいたま新都心
    (さいたまスーパーアリーナ)
  • 国際展示場
    (東京ビックサイト)
  • 羽田空港 など

フリーエリア内であれば特急券を買えば特急列車にも乗車できます。ただし、東海道新幹線には乗車できません

首都圏週末フリー乗車券の買い方

指定席券売機

「首都圏週末フリー乗車券」は各エリア内のみどりの窓口や指定席券売機などで購入できます。

「首都圏週末フリー乗車券」の発売場所

「首都圏週末フリー乗車券」は各エリアの指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ及び主な旅行会社で購入できます。

販売エリアの詳細はこちら

みどりの窓口・指定席券売機では現金・クレジットカード支払いが可能です。

「首都圏週末フリー乗車券」の販売期間

2023年3月24日まで

※有効期限開始日の1か月前から前日までの発売です。当日購入はできません

「首都圏週末フリー乗車券」の利用可能期間

2023年3月26日までの土休日の連続する2日間利用できます。
(4/27~5/6、8/10-8/19、12/28-1/6は対象外です)

利用可能期間
202244/2-4/3、4/9-4/10、4/16-4/17、4/23-4/24
202255/7-5/8、5/14-5/15、5/21-5/22、5/28-5/29
202266/4-6/5、6/11-6/12、6/18-6/19、6/25-6/26
202277/2-7/3、7/9-7/10、7/16-7/17、7/17-7/18、7/23-7/24、7/30-7/31
202288/6-8/7、8/20-8/21、8/27-8/28
202299/3-9/4、9/10-9/11、9/17-9/18、9/18-9/19、9/23-9/24、9/24-9/25
20221010/1-10/2、10/8-10/9、10/9-10/10、10/15-10/16、10/22-10/23、10/29-10/30
20221111/5-11/6、11/12-11/13、11/19-11/20、11/26-11/27
20221212/3-12/4、12/10-12/11、12/17-12/18、12/24-12/25
202311/7-1/8、1/8-1/9、1/14-1/15、1/21-1/22、1/28-1/29
202322/4-2/5、2/11-2/12、2/18-2/19、2/25-2/26
202333/4-3/5 、3/11-3/12、3/18-3/19、3/25-3/26

首都圏週末フリー乗車券の料金

「首都圏週末フリー乗車券」の料金は出発駅により異なります。エリアごとに紹介します。

盛岡・秋田エリア

こども料金は大人のほぼ半額です。

出発駅料金
(おとな)
料金
(こども)
秋田~能代・男鹿・鷹ノ巣・羽後本荘13,930円6,960円
大曲~湯沢13,400円6,700円
東大館・大館(新青森経由)15,500円7,750円
五所川原・弘前~青森
青森~蟹田(津軽線)
14,980円7,490円
大湊~野辺地~三沢(青い森鉄道・八戸経由)14,460円7,230円
七戸十和田
八戸~鮫(八戸線)
14,450円7,220円
二戸・いわて沼宮内13,930円6,960円
盛岡12,880円6,440円
新花巻・北上12,360円6,180円
水沢江刺11,830円5,910円
一ノ関11,320円5,660円

仙台エリア

仙台駅発の設定はありませんが、「週末パス」を利用すると、おとな8,880円、こども2,600円と通常運賃よりも安く利用できます。

こども料金は大人料金の1/3程度と通常運賃に比べてかなり安いです。

出発駅料金
(おとな)
料金
(こども)
福島7,650円2,250円
郡山6,390円1,930円
新白河6,070円1,620円
会津坂下・喜多方・会津若松6,600円2,460円

新潟・長野エリア

新潟駅発の設定はありませんが、「週末パス」を利用すると、おとな8,880円、こども2,600円と通常運賃よりも安く利用できます。

こども料金は大人料金の1/3程度と通常運賃に比べてかなり安いです。

出発駅料金
(おとな)
料金
(こども)
長岡8,380円2,250円
浦佐7,020円1,930円
越後湯沢6,180円1,520円
長野6,600円1,930円
上田5,760円1,620円
佐久平5,230円1,420円
軽井沢4,600円1,200円

首都圏週末フリー乗車券のおトクになる金額

首都圏週末フリー乗車券は特急券と組み合わせることで新幹線や特急列車にも乗車できますが、実際にどのくらい得になるのか気になりますよね!?

通常料金と首都圏週末フリー乗車券で往復料金を比べてみました。

大人料金

多くの区間で10%前後の割引です。

利用区間
(大人料金)
通常料金
(往復)
首都圏週末フリー乗車券
+特急券(往復)
値段
差額割引率
秋田~東京
(秋田新幹線こまち指定席利用)
34,220円※30,150円4,270円約12.4%
盛岡〜東京
(東北新幹線はやぶさ指定席利用)
30,020円25,740円4,280円約14.3%
福島〜東京
(東北新幹線やまびこ自由席利用)
17,160円15,130円2,030円約11.8%
長岡〜東京
(上越新幹線とき自由席利用)
17,160円15,860円1,300円約7.6%
長野〜東京
(北陸新幹線はくたか自由席利用)
15,620円14,080円1,540円約9.8%

※片道601㎞以上の往復割引適用後の金額

こども料金

南東北・信越エリアは「首都圏週末フリー乗車券」のこども料金が格安のため、割引率が高めです。

利用区間
(こども料金)
通常料金
(往復)
首都圏週末フリー乗車券
+特急券(往復)
値段
差額割引率
秋田~東京
(秋田新幹線こまち指定席利用)
17,000円※15,060円1,940円約12.4%
盛岡〜東京
(東北新幹線はやぶさ指定席利用)
15,000円12,860円2,140円約14.3%
福島〜東京
(東北新幹線やまびこ自由席利用)
8,580円5,990円2,590円約30.2%
長岡〜東京
(上越新幹線とき自由席利用)
8,580円5,990円2,590円約30.2%
長野〜東京
(北陸新幹線はくたか自由席利用)
7,800円5,670円2,130円約27.3%

えきねっとトクだ値との比較

JR東日本では新幹線・特急列車の特急券と乗車券がセットになった「えきねっとトクだ値」などのインターネット限定割引があります。

早めの申込みで通常料金から25~35%割引になる「お先にトクだ値」と「首都圏週末フリー乗車券
+特急券(往復)」を比較しました。(普通車指定席を利用した場合)

利用区間通常料金
(往復)
首都圏週末フリー乗車券
+特急券(往復)
値段
お先にトクだ値
秋田~東京
(秋田新幹線こまち指定席利用)
大人:34,220円※
こども:17,000円※
大人30,150円
こども:15,060円
大人:23,260円
こども:11,620円
(トクだ値35)
盛岡〜東京
(東北新幹線はやぶさ指定席利用)
大人:30,020円
こども:15,000円
大人:25,740円
こども:12,860円
大人:22,200円
こども:11,080円
(トクだ値25)
福島〜東京
(東北新幹線やまびこ指定席利用)
大人:17,160円
こども:8,580円
大人:15,130円
こども:5,990円
大人:11,560円
こども:5,760円
(トクだ値35)
長岡〜東京
(上越新幹線とき指定席利用)
大人:17,160円
こども:8,580円
大人:15,860円
こども:5,990円
大人:11,560円
こども:5,760円
(トクだ値35)
長野〜東京
(北陸新幹線はくたか指定席利用)
大人:15,620円
こども:7,800円
大人:14,080円
こども:5,670円
大人:10,560円
こども:5,240円
(トクだ値35)

※お先にトクだ値の割引率は列車・期間により異なる場合があります。

新幹線などで往復利用するだけなら、「お先にトクだ値」の方が安いことがほとんどです。

首都圏週末フリー乗車券とお先にトクだ値どちらがおすすめ⁉

あらかじめ予定が決まっていて、新幹線で首都圏を往復するだけなら、えきねっとの「お先にトクだ値」がおすすめです。

一方、直前に予定が決まった場合は前日まで購入できる「首都圏週末フリー乗車券」がおすすめです。また、東京近郊のJR線を利用する場合は更におトクに利用できます。

首都圏週末フリー乗車券の利用でおすすめなホテル比較サイト

「首都圏週末フリー乗車券」は2日間有効のきっぷですので、せっかくならホテルなどに宿泊しながら旅行をするのもよいかと思います。

ホテルの予約前にクーポンをチェック

予約サイトのじゃらんnet楽天トラベルなどでは予約時に使える割引クーポンを配布している場合があります。

予約する前に割引クーポンをチェックしてください!各社のクーポンページにリンクしています。

全国各地で使えるクーポン配布中!
楽天ポイントが貯まる!

首都圏週末フリー乗車券の特徴・買い方・使い方まとめ

今回は首都圏へ行かれる際におすすめな「首都圏週末フリー乗車券」の使い方を紹介しました。

こども料金が格安なので、小学生のいる家族連れにもおすすめなきっぷです。

機会があったら「首都圏週末フリー乗車券」を利用してみてはいかがでしょうか。

関東・甲信越・南東北エリア2日間乗り放題「週末パス」

山梨県・長野県から東京へ行くのにおトクな「中央線東京週末フリー乗車券」

鉄道旅行を快適にするためのおすすめな持ち物

おトクなきっぷ
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、おトクなきっぷ、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました