【2022-2023年版】JR東日本 週末パスの使い方・メリット・デメリット

JR東日本週末パスの使い方

関東・甲信越・南東北の1泊2日の鉄道旅行におすすめなJR東日本の「週末パス」!

週末パスはJR東日本だけでなく、関東・甲信越・東北にある14の鉄道会社の普通列車にも乗車できます。

当記事では「週末パス」について、以下の内容をメインに解説します。

  • 週末パスの買い方・使い方
  • 週末パスのメリット・デメリット

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

JR東日本 週末パスとは

JR東日本 週末パスとは

JR東日本が発売している「週末パス」は関東・甲信越・南東北のフリーエリアの普通・快速列車が2日間乗り放題のきっぷです。

週末パスはJR東日本はもちろん、次の地方私鉄、第3セクター路線に乗車できます。

週末パスで乗車できる私鉄・第3セクター路線
  • 山形鉄道
    (赤湯~荒砥あらと
  • 福島交通
    (福島~飯坂温泉)
  • 会津鉄道
    (西若松~会津田島)
  • 阿武隈急行
    (福島~槻木つきのき
  • ひたちなか海浜鉄道
    (勝田~阿字ヶ浦)
  • 鹿島臨海鉄道
    (水戸~鹿島サッカースタジアム)
  • 北越急行
    (六日町~犀潟さいがた
  • えちごトキめき鉄道
    (妙高高原~直江津)
  • 長野電鉄
    (長野~湯田中)
  • しなの鉄道
    (軽井沢~篠ノ井、長野~妙高高原)
  • アルピコ交通
    (松本~新島々しんしましま
  • 上田電鉄
    (上田~別所温泉)
  • 富士急行
    (大月~河口湖)
  • 伊豆急行
    (伊東~伊豆急下田)

伊豆急行や上田電鉄、長野電鉄など温泉地へ行く路線も対象なので観光にも使い勝手がよいですよ。

週末パス フリーエリア・乗車できる列車

フリーエリア内の普通・快速列車は2日間乗り放題です。
別に特急券を購入して、新幹線や特急列車に乗車するといった使い方もできます。

ただし、東海道新幹線には乗車できませんので注意が必要です。

週末パスの買い方・使い方

週末パス
えきねっとで購入した「週末パス」

「週末パス」はJR東日本の指定席券売機などで購入できます。発売期間は利用開始日1ヶ月前から前日までです。当日は購入できませんのでご注意ください。

週末パスの販売場所

指定席券売機

週末パスはフリーエリア内の指定席券売機などで購入できます。

週末パスの販売場所
  • JR東日本指定席券売機
  • みどりの窓口
  • びゅうプラザ
  • 提携販売センターおよび主な旅行会社
  • えきねっと

JR東日本の「えきねっと」を利用すれば、前日までにネット上で週末パスを購入して、当日に指定席券売機などできっぷを受け取ることも可能です。
事前にみどりの窓口や指定席券売機に行く必要がなくて便利ですよ。

週末パスの販売期間(2022年度)

2023年3月24日まで
※利用開始日の1か月前から前日までの発売です。

週末パスの値段

大人 8,880円、小児2,600円

週末パスの利用可能期間

2022年度は2023年3月26日までの土休日の連続する2日間利用できます。

利用可能期間
202244/2-4/3、4/9-4/10、4/16-4/17、4/23-4/24
202255/7-5/8、5/14-5/15、5/21-5/22、5/28-5/29
202266/4-6/5、6/11-6/12、6/18-6/19、6/25-6/26
202277/2-7/3、7/9-7/10、7/16-7/17、7/17-7/18、7/23-7/24、7/30-7/31
202288/6-8/7、8/20-8/21、8/27-8/28
202299/3-9/4、9/10-9/11、9/17-9/18、9/18-9/19、9/23-9/24、9/24-9/25
20221010/1-10/2、10/8-10/9、10/9-10/10、10/15-10/16、10/22-10/23、10/29-10/30
20221111/5-11/6、11/12-11/13、11/19-11/20、11/26-11/27
20221212/3-12/4、12/10-12/11、12/17-12/18、12/24-12/25
202311/7-1/8、1/8-1/9、1/14-1/15、1/21-1/22、1/28-1/29
202322/4-2/5、2/11-2/12、2/18-2/19、2/25-2/26
202333/4-3/5 、3/11-3/12、3/18-3/19、3/25-3/26

(4/27~5/6、8/10-8/19、12/28-1/6は対象外です)

週末パスの使い方

週末パスは定期券サイズのきっぷですので、自動改札機が使えます。(SuicaなどICカード専用改札は除く)

新幹線に乗車する場合は、新幹線改札(乗換口)で週末パスと特急券を2枚同時に投入します。改札を通ると通過日時・駅名・入場or出場が印字されます。

次へ週末パスのメリット・デメリット

おトクなきっぷ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

東京在住のブロガーのmoriです。
当ブログ「モリブロ」では東京のおでかけスポット、東京へのアクセス、ブログ初心者に役立つ情報をメインに紹介しています。
ご意見・ご感想はお問い合わせフォームまでお願いします。

フォローしてください!
役立ったらシェアをしてください!
フォローしてください!
モリブロ
タイトルとURLをコピーしました