【PR】記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります。
PR

JR東日本 えきねっと 新幹線eチケットの特徴・予約・購入方法・使い方

JR東日本新幹線eチケット

本ページのリンクにはプロモーション・広告が含まれています。

JR東日本ではSuicaなどの交通系ICカードで新幹線に乗車できる「新幹線eチケットサービス」があります。

「新幹線eチケットサービス」を使うとスマホから新幹線のきっぷ予約して、お手持ちのICカードを使ってチケットレスで乗車できます。

当記事では

  • 新幹線eチケットの特徴
  • 新幹線の予約・購入方法・使い方
  • 新幹線eチケットの注意点

をメインに紹介していきます。

新幹線eチケットサービスを利用する際に参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

JR東日本 新幹線eチケットサービスの特徴

えきねっとトップページ

新幹線 eチケット」は東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にSuicaなどのICカードで乗車できるえきねっと」のサービスです。

東海道新幹線には対応していません。

「新幹線eチケット」は次の特徴があります。

新幹線eチケットの特徴
  • パソコン・スマホで予約可能
  • Suicaなど交通系ICカードで乗車できる
  • シートマップから好きな座席が選べる
  • 複数人の予約も可能(6人まで)
  • 新幹線eチケットだと指定席料金が200円引き
  • 割引きっぷ「えきねっとトクだ値」が使える

それそれ詳しくみていきますね。

パソコン・スマホで予約が可能

新幹線eチケットではパソコンやスマホから新幹線のきっぷがチケットレスで購入できます。

「新幹線eチケット」は以下の路線に対応しています。

新幹線eチケットの対応路線
  • 東北・北海道新幹線
  • 山形新幹線
  • 秋田新幹線
  • 上越新幹線
  • 北陸新幹線
    (JR西日本区間も含む)

「新幹線eチケット」は指定席だけでなく、自由席、グリーン車、グランクラスも申し込めます。

新幹線eチケットはえきねっとへの会員登録をすれば誰でも使えます。

入会金・年会費無料

北陸新幹線ならJR西日本の「e5489」でも申し込み可能

北陸新幹線の区間(東京⇔金沢)の場合、「新幹線eチケット」をJR西日本のインターネット予約サービス「e5489」でも申し込めます。

詳細はこちら

Suicaなど交通系ICカードで乗車できる

「新幹線 eチケット」を利用する場合、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードで乗り降りできるので、改札口できっぷを出す必要がありません。

新幹線eチケットに対応している交通系ICカードは以下のカードです。

新幹線eチケット対応の交通系ICカード
  • Suica
    (JR東日本)
  • モバイルSuica
  • PASMO
    (関東私鉄)
  • Kitaca
    (JR北海道)
  • ICOCA
    (JR西日本)
  • TOICA
    (JR東海)
  • manaca
    (名鉄・名古屋市交通局など)
  • PiTaPa
    (関西私鉄)
  • nimoca
    (西鉄など)
  • SUGOCA
    (JR九州)
  • はやかけん
    (福岡市地下鉄)

「新幹線eチケット」を利用するには事前に「えきねっと」でICカード情報の登録が必要です。
>>詳しくはこちら

シートマップから好きな座席が選べる

えきねっと シートマップ

新幹線eチケットではシートマップ(座席表)を使うことで好きな座席が選べます。

シートマップを使うことで、隣の人がいない座席や空いているエリアを選べ、密を避けることも可能です。

座席変更も空席があれば予約後でも可能です。

複数人の予約も可能(6人まで)

新幹線eチケットはえきねっとで2人以上のきっぷ予約ができます。(最大6人まで)

グループや家族連れの旅行などで使う場合にも便利です。

乗車前までに「えきねっと」で人数分の交通系ICカードの登録(紐づけ)しておく必要があります。
(「こども」の場合は、こども用ICカードを準備してください)

改札を通るときは、1人ずつ登録したICカードにタッチしてくださいね。

ICカードの登録(紐づけ)はえきねっとでできます。
詳しくはこちら

新幹線eチケットだと指定席料金が200円引き

「新幹線eチケット」なら指定席の場合、所定の運賃・料金の合計額から一律200円引きになります。

紙のきっぷ同様に最繁忙期・繁忙期・通常期・閑散期の設定があります。
>>詳しくはこちら

※新幹線eチケットで自由席を利用する場合、割引がありませんのでご注意ください。

往復割引なども利用できる

新幹線eチケットでは往復割引や株主割引、大人の休日倶楽部割引などの割引も利用できます。

新幹線eチケットで利用できる割引
  • 往復割引
    片道601km以上の往復同時申込で10%OFF
  • 株主割引
    JR東日本株主優待券利用で40%OFF
  • 大人の休日倶楽部割引
    大人の休日倶楽部会員が片道201km以上の利用で5〜30%OFF

詳しくはこちら

ただ、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合に受けられる「乗継割引」や学生の方が学校が発行する学割証を窓口に提出することで受けられる「学割」は使えません。

「えきねっとトクだ値」が使える

新幹線eチケットには専用の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」があります。

「えきねっとトクだ値」には予約期限の違いで3種類の割引きっぷがあります。

種類予約期限割引率
えきねっと
トクだ値
当日の
1:50まで
5~20%
お先にトクだ値13日前の
1:50まで
25~40%
お先にトクだ値
スペシャル
【期間限定】
20日前の
1:50まで
50%(半額)

えきねっとトクだ値・お先にトクだ値について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

新幹線eチケットの予約・購入方法・使い方

新幹線eチケットは「えきねっと」のサイトから予約・購入できます。

「えきねっと」にログインして、トップページから乗車したい区間・日時・人数を入力します。

経路検索結果が出たら、乗車したい列車を選択します。

乗車する列車を決めたら、「きっぷ・座席の種類選択へ進む」を押します。

きっぷの種類・座席の種類を選択します。

選択が済んだら、「次へ」を押します
乗車券は「新幹線eチケット」に含まれているので、別に購入する必要はありません。

座席の選択をします。座席表(シートマップ)からの選択も可能です。

その他の条件から指定するを押すと、窓側・通路側、A~E列の指定ができます。

座席の指定が終わったら、「申込内容を確認する」を押します

申込内容の確認画面がでたら、申込内容を確認して、支払い方法を選択します。
(支払い方法の選択は申込内容の下にあります)

支払い方法は以下の方法があります。

新幹線eチケット(えきねっと)の支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • 金融機関支払い
  • 駅での支払い

支払い方法の詳細こちら
(えきねっとのサイトにリンクしています)

支払い方法の入力・選択が完了したら、確定ボタンを押して、申込完了です。

申込みが完了後すると、メールが届きます。

申込が済んだら、乗車前までに忘れずに交通系ICカードの登録をしておきましょう。

登録方法はこちら
(えきねっとのサイトにリンクしています)

新幹線eチケットの使い方

新幹線eチケットは駅の改札口で登録した交通系ICカードをタッチするだけで乗り降りできます。きっぷを受け取る必要はありません。

新幹線eチケットの予約変更・払戻

新幹線eチケットの予約変更・払戻

新幹線eチケットの予約の変更や払戻する場合、「えきねっと」のサイトから手続きできます。

新幹線eチケットの予約変更

「新幹線eチケット」は使用開始前4分前までならば、予約の変更が何度でも可能です。(えきねっと特典が適用される場合)

えきねっと特典はJR東日本・JR北海道・北陸新幹線で完結するきっぷに適用される特典のことです。

「新幹線eチケット」の予約変更の最終期限は、初回乗車日から3か月以内です。
(例えば初回乗車日が2023年6月1日の場合、最終変更期限が2023年9月1日)

紙のきっぷの場合、変更は1回しかできませんが、「新幹線eチケット」は期限内なら何度も変更できるのは便利ですね。

先延ばしする場合、予約変更ができるのは列車出発の4分前までなので、それまでに忘れずに変更をしておきましょう。

新幹線eチケットの払戻

「新幹線eチケット」の払戻は発車4分前までならば、えきねっとのサイトから手続き可能です

払戻手数料は以下のとおりです。

種類払戻手数料
指定席券
(えきねっと特典対象)
320円
指定席券
(えきねっと特典対象外)
2日前まで
340円
前日・当日
30%
(最低340円)
自由席券220円

新幹線eチケットの注意点

新幹線eチケットの注意点

「新幹線eチケット」はネット予約ができ、お手持ちの交通系ICカードでスムーズに入出場できるのは便利ですが、次の点に注意が必要です。

注意点
  • 新幹線の乗車駅までと下車駅から到着駅までの運賃が別にかかる
  • 「新幹線eチケット」は「紙のきっぷ」よりも高くなる場合がある
  • 万が一乗り遅れた場合は、運賃のみ有効
  • 乗継割引の適用が受けられない

それぞれ詳しくみてみましょう。

新幹線の乗車駅までと下車駅から到着駅までの運賃が別にかかる

「新幹線eチケット」は新幹線停車駅相互間に対してのみ有効です。

JRの在来線にも乗車する場合、出発駅から新幹線の乗車駅まで新幹線の下車駅からの運賃が別にかかります。

例えば新宿駅から仙台駅に行く場合、「新幹線eチケット」は東京〜仙台間のみ有効で、新宿〜東京間は別に運賃がかかります。

「新幹線eチケット」が「紙のきっぷ」より高くなる場合がある

「新幹線eチケット」は一律200円割引がありますが、「紙のきっぷ」よりも高くなる場合があります。

「新幹線eチケット」と「紙のきっぷ」の料金を2つのケースで比較してみましょう。

【ケース1】浦和~京浜東北線~大宮~東北新幹線~仙台

今までは浦和駅~仙台駅の通しの乗車券と大宮駅~仙台駅の新幹線特急券の2枚ですが、浦和駅~大宮駅の普通運賃と大宮駅~仙台駅の「新幹線eチケット」の2本立てになります。

■紙のきっぷ

種別運賃
浦和~
仙台市内
新幹線特急券
大宮~仙台
合計
はやぶさ5,720円5,150円10,870円
やまびこ5,720円 4,830円10,550円

新幹線eチケット

種別運賃
浦和~大宮
新幹線eチケット
大宮~仙台
合計
はやぶさ178円10,670円10,848円
やまびこ178円 10,350円10,528円

この場合は新幹線eチケットを利用した方が少し安いです。

【ケース2】中野~中央線~東京~東北新幹線~仙台

中野駅は東京都区内の駅なので、東京駅と同じ料金で計算されます。

■紙のきっぷ

種別運賃
東京都区内~
仙台市内
新幹線特急券
東京~仙台
合計
はやぶさ6,050円5,360円11,410円
やまびこ6,050円 5,040円11,090円

新幹線eチケット

種別運賃
中野~東京
新幹線eチケット
東京~仙台
合計
はやぶさ230円11,210円11,440円
やまびこ230円 10,890円11,120円

この場合、従来の乗車券と新幹線特急券の組み合わせの方が若干安いです。

万が一乗り遅れた場合は、運賃のみ有効

万が一乗り遅れてしまった場合は、運賃部分のみ有効となり、特急券部分は無効になります。発車4分前に予約変更もしくは払戻しができますので、忘れずに手続きをしておきましょう。

乗継割引の適用が受けられない

新幹線eチケットを利用する場合、乗継割引の対象外となります。
乗継割引を利用する場合には紙のきっぷで乗車するようにしましょう。

乗継割引とは

乗継割引とは、新幹線とJRの在来線特急列車とで乗り継いだ場合に、在来線の特急料金が半額になる制度です。
詳しくはこちら

ただ乗継割引の対象となる駅は、次の駅に限られます。

  • 東北・北海道新幹線・・・新青森、新函館北斗
  • 上越新幹線・・・長岡、新潟
  • 北陸新幹線・・・長野、上越妙高、金沢

上越妙高駅の場合、特急「しらゆき」の直江津以降の区間が半額となり、上越妙高~直江津間のえちごトキめき鉄道の区間は対象外となります

また、山形新幹線・秋田新幹線は乗継割引の対象外です。

新幹線eチケットサービスまとめ

東北新幹線

今回はJR東日本の新幹線チケットレスサービス「新幹線eチケット」を解説しました。

「新幹線eチケット」はえきねっとから予約ができるので、みどりの窓口など駅で並ぶ必要がありません

また、モバイルSuicaなら予約から駅での入出場までスマホ1台で完結します!

「新幹線eチケット」が使える東北・上越・北陸新幹線などに乗車される際は利用してみてはいかがでしょうか。

申込みはこちら!

おすすめ宿泊予約サイト

楽天トラベル

ホテル・旅館をはじめ、高速バス・レンタカーなど予約ができます。
おトクなクーポンが数多く配布!楽天スーパーポイントも貯まります。
JAL楽パック、ANA楽パックはマイルが貯まるツアーもあります。

じゃらんnet

日本最大級の宿泊予約サイトで26,000以上のホテルや温泉宿のネット予約が可能
ビジネスホテルからリゾートホテルまで数多くのホテルまで数多くあります。
また、予約プランに応じてdポイントやPontaポイントが貯まります。

るるぶトラベル

ビジネスホテルから高級旅館まで約17,500件の宿泊施設の予約が可能なるるぶトラベル。
気になるホテルも簡単比較できます。
また、おトクに泊まれる各種割引クーポンもあります。

\時間があればあわせてどうぞ/

■東北新幹線E5系グリーン車

■北海道新幹線「はやぶさ」乗車記

タイトルとURLをコピーしました